新ギャラリー「EUKARYOTE」が神宮前に3月オープン プレビュー展に12作家

新ギャラリーEUKARYOTEが3月2日に東京・神宮前にオープン。2月16日からプレビュー展『PREVIEW』が開催される。

EUKARYOTEは、昨年11月に閉廊したSEZON ART GALLERYの運営メンバーが中心となり、同ギャラリーの「芸術の日常性」というビジョンを引き継いだコンテンポラリーアートギャラリー。若手アーティストの育成や、美術作品を購入するファーストステップとして、アーティストとコレクターが相互に関わり、共に成長していくプラットフォームの形成を目指す。1階から3階の3フロアと屋上で構成されるギャラリーは、それぞれ大型の平面作品、映像作品などに適したものになっているという。

『PREVIEW』の参加作家は、石川和人、山口聡一、カタルシスの岸辺、磯村暖、小川潤也、香月恵介、品川はるな、高山夏希、田中良祐、中島晴矢、畑山太志、楊博の12組。初日の2月16日にはオープニングパーティーを行なう。

ディレクターの鈴木亮は「コレクターとアーティストが共に10年成長すれば、世界のアートの舞台で生き抜く仲間となります。EUKARYOTEは、現代アートをコレクションする楽しみを広めることを使命として、コレクターに対して、検討段階や購入時だけでなく、購入後の作品展示作業やコレクションの保管・管理などの日常的にアートに触れるためのアフターサービスを展開し、1作品の購入だけにとどまらない、より積極的なアートコレクションの楽しみ方を提案していきます」とコメントしている。

イベント情報

『PREVIEW』

2018年2月16日(金)~2月25日(日) 会場:東京都 外苑前 EUKARYOTE
時間:12:00~19:00 参加作家: 石川和人 山口聡一 カタルシスの岸辺 磯村暖 小川潤也 香月恵介 品川はるな 高山夏希 田中良祐 中島晴矢 畑山太志 楊博 休廊日:月曜 料金:無料

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 新ギャラリー「EUKARYOTE」が神宮前に3月オープン プレビュー展に12作家

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて