ニュース

BiSHが峯田和伸、高橋久美子、新垣里沙、阿部真央、ARuFaらに会う、新PV公開

セントチヒロ・チッチ(BiSH)と峯田和伸
セントチヒロ・チッチ(BiSH)と峯田和伸

BiSH“JAM”のPVが公開された。

“JAM”は、11月にリリースされたBiSHのメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』の収録曲で、作詞はモモコグミカンパニーが担当。エリザベス宮地がディレクションを務めた“JAM”のPVは、BiSHのメンバーが「1番会いたい人に会いに行く」という企画で制作されたものとなる。

モモコグミカンパニーは作詞をする上で大きな影響を受けたという高橋久美子(ex.チャットモンチー)を訪問しているほか、セントチヒロ・チッチは自身の「ヒーロー」だという峯田和伸(銀杏BOYZ)、アイナ・ジ・エンドはBiSH加入前のオーディションで楽曲を歌っていたという阿部真央、リンリンは卒業ライブにも参加した新垣里沙(ex.モーニング娘。)、アユニ・DはブロガーのARuFa、ハシヤスメ・アツコは約1年半前に行なわれた企画『BiSHキャノンボール』で訪れた東京・伊豆大島の定食屋「おともだち」をそれぞれ訪ねている。

BiSHは現在全国ツアー『BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR』を開催中。3月28日にはテレビアニメ『ブラッククローバー』のオープニングテーマ曲を収録したメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』をリリースするほか、5月22日には神奈川・横浜アリーナで初の単独ワンマン公演『BiSH“TO THE END”』を行なう。

アイナ・ジ・エンド(BiSH)と阿部真央
アイナ・ジ・エンド(BiSH)と阿部真央
アユニ・D(BiSH)とARuFa
アユニ・D(BiSH)とARuFa
モモコグミカンパニー(BiSH)と高橋久美子
モモコグミカンパニー(BiSH)と高橋久美子
リンリン(BiSH)と新垣里沙
リンリン(BiSH)と新垣里沙
ハシヤスメ・アツコ(BiSH)と定食屋「おともだち」マスター
ハシヤスメ・アツコ(BiSH)と定食屋「おともだち」マスター
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会