ニュース

板野友美がLAの荒野や海辺で歌う 自身作詞の新曲“Just as I am”PV公開

“Just as I am”PVより
“Just as I am”PVより

板野友美の新曲“Just as I am”のPVが本日公開された。

2月28日にリリースされるシングル『Just as I am』のタイトル曲となる同曲。PVはアメリカ・ロサンゼルスで撮影され、ナチュラルメイクにワンピースやジーンズといった衣装を身にまとった板野友美が、荒野や海岸など大自然の中で歌う姿が映し出されている。監督はtatsuaki。

板野友美はPVについて「大好きなロスの空の下、開放的で、広大な大自然の中、太陽の光が強くてパワーをもらえ、とても気持ちがよく撮影ができました。そのような中で撮影ができたこともあり、自然体な私が映像の中に収まっていると思います」とコメントしている。

なお“Just as I am”は板野友美自身が作詞を担当。シングル『Just as I am』は、2月19日に発売となる板野の写真集『Wanderer』と連動したプロジェクトとなり、「自分らしさ」というコンセプトを共有しているという。写真集と『Just as I am』のジャケット写真、そして本日公開のPVは全てロサンゼルスの同じロケーションで撮影された。

板野友美のコメント

写真集撮影との平行でハードなスケジュールの中でしたが、大好きなロスの空の下、開放的で、広大な大自然の中、太陽の光が強くてパワーをもらえ、とても気持ちがよく撮影ができました。
そのような中で撮影ができたこともあり、自然体な私が映像の中に収まっていると思います。

今回は写真集と楽曲の制作連動ということで、写真、楽曲、映像と、多角的に表現することに挑戦させていただきましたが、MVは、その中でも、楽曲と映像がワンセットで体感いただくことができます。
自分で書いた歌詞の世界観を、自分自身で映像表現することで、より一層、メッセージ性が出せたのではないかと思います。
映像の中では、自然体な私も存在していますが、楽曲のテーマが「自分らしさを追い求める旅」ですので、実際に自分探しの旅をしている気持ちで演じた私との二面性にもご注目いただきたいです。
そうすることで、今の自分自身と真っ向から向き合えたように思います。

「自分らしさ」を意味する楽曲タイトル『Just as I am』。
その歌詞は「今の自分を超え、更なる高みを目指す自分になる」というポジティブな気持ちで書きました。
一番思いを込めた歌詞は、“失うことではじめて気付けた事があるよ”、“遠回りしたから優しくなれたんだね”という強いメッセージ。
10代や20代前半だったら気付けなかったこともあります。今だから書ける歌詞だと思います。
それは綺麗ごとでなく、私の本心が詰まっています。
いつも夢があって、ワクワクドキドキを追いかけて行きたい。
夢を持つだけでなく叶えるために努力し、自分自身と闘いながら全力で自身の人生を走っていきたいです。

板野友美『Just as I am』収録内容

[CD]
1. Just as I am
2. Show time
3. Just as I am(Instrumental)
4. Show time(Instrumental)
[DVD]
1. “Just as I am”Music Video
※DVDは初回限定盤に収録

“Just as I am”PVより
“Just as I am”PVより
“Just as I am”PVより
“Just as I am”PVより
“Just as I am”PVより
“Just as I am”PVより
“Just as I am”PVより
“Just as I am”PVより
板野友美
板野友美
板野友美『Just as I am』初回限定盤ジャケット
板野友美『Just as I am』初回限定盤ジャケット
板野友美『Just as I am』通常盤ジャケット
板野友美『Just as I am』通常盤ジャケット
板野友美 写真集『Wanderer』表紙
板野友美 写真集『Wanderer』表紙
画像を拡大する(17枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像