ニュース

フィンランドの児童文学『オンネリとアンネリのおうち』が映画化 6月公開

『オンネリとアンネリのおうち』 ©Zodiak Finland Oy 2014. All rights reserved.
『オンネリとアンネリのおうち』 ©Zodiak Finland Oy 2014. All rights reserved.

映画『オンネリとアンネリのおうち』が6月に東京・YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で順次公開される。

フィンランドの作家マリヤッタ・クレンニエミの同名児童文学を原作とした同作は、2人の少女オンネリとアンネリの物語。「正直者にあげます」と書かれた手紙とお金の入った封筒を拾った2人は、バラの木夫人という老婆から水色の家を買い、気難しそうな隣人や、魔法が使える陽気な中年姉妹と交流しながら2人だけの楽しい生活を始めるが、ある日隣人宅に泥棒が入るというあらすじだ。

共に忙しい両親を持つ黒髪のオンネリ役にアーヴァ・メリカント、金髪のアンネリ役にリリャ・レフトがキャスティング。同作は本国でシリーズ化され、シリーズ3作品でのべ100万人を動員した。監督、脚本を務めたのはサミ・ケスキ=ヴァハラ。英題は『Jill and Joy』。

なお同作は2月10日から東京・渋谷のユーロスペースで開催される『トーキョーノーザンライツフェスティバル2018』内で2月12日に先行上映される。

『オンネリとアンネリのおうち』 ©Zodiak Finland Oy 2014. All rights reserved.
『オンネリとアンネリのおうち』 ©Zodiak Finland Oy 2014. All rights reserved.
マリヤッタ・クレンニエミ『オンネリとアンネリのおうち』表紙
マリヤッタ・クレンニエミ『オンネリとアンネリのおうち』表紙
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために