ニュース

草彅剛が3年ぶり舞台出演 白井晃演出『バリーターク』、共演に松尾諭ら

舞台『バリーターク』が4月14日から神奈川・横浜のKAAT神奈川芸術劇場、5月12日から東京・三軒茶屋のシアタートラム、6月16日から兵庫・西宮の兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホールで上演される。

『バリーターク』は、『トニー賞』ミュージカル脚本賞を受賞した舞台版『ONCE ダブリンの街角で』や、デヴィッド・ボウイの遺作のミュージカル『LAZARUS』などの脚本を手掛けたアイルランドの劇作家・脚本家エンダ・ウォルシュによる戯曲。ある部屋の中で日常的な営みを繰り返しながらバリータークという村の話を語り続ける2人の男と、彼らの奇妙な生活に関与する第3の男の姿を描く。

日本初演となる今回はKAAT神奈川芸術劇場の芸術監督・白井晃が演出。キャストには草彅剛、松尾諭、小林勝也が名を連ねる。草彅剛の舞台出演は約3年ぶり。同公演はKAAT神奈川芸術劇場と世田谷パブリックシアターによる初の共同制作作品となる。

白井晃は「何気ない日々の暮らしを繰り返すふたりの男の姿を通して、私たちが生きている意味や死の迎え方を考えさせられます。このドラマをKAAT大スタジオ/シアタートラムの小さな空間で、濃密な時間を創り出せるものと楽しみです」と意気込みをコメント。

またキャストについては「今回出演していただくみなさんは、私自身が熱望したお三方です。台本を読んだ時から、是非ご出演いただけないかと願っていた草彅剛さんがお引き受け下さり、映像を拝見していていつかご一緒したいと願っていた松尾諭さんと、何度もご一緒させていただいた尊敬する先輩小林勝也さんが出演下さることになり、最高のチームが作れたと思っております」と明かしている。

チケットの販売情報は各劇場のオフィシャルサイトでチェックしよう。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年