ニュース

山戸結希監督、桜田ひより&兎遊が出演 Aimer新曲“Ref:rain”PV公開

Aimer“Ref:rain”PVより
Aimer“Ref:rain”PVより

Aimerの新曲の“Ref:rain”のPVが公開された。

2月21日にリリースされる両A面シングル『Ref:rain / 眩いばかり』に収録される同曲。フジテレビ「ノイタミナ」で放送中のアニメ『恋は雨上がりのように』のエンディングテーマに起用されている。

AimerのオフィシャルYouTubeチャンネルで公開された“Ref:rain”のPVは、映画『溺れるナイフ』『5つ数えれば君の夢』などで知られる山戸結希が監督。女優の桜田ひよりと、『ミスiD2018』グランプリの兎遊が出演し、校舎を舞台に2人の女子学生が様々な表情を見せる映像になっている。

山戸結希は同PVの制作について「Aimerさんの中に広がっている、美しい心象風景にそっとふれる旅のようでした。心の中の言葉にならないソウルが歌になり、その歌を通じてもう一度、言葉にならない景色を呼び覚ます、心の真ん中へと先祖還りするような、今回Aimerさんの歌のなかをとおって、根源的な体験をさせていただいたと感じています」とコメント。

また桜田ひよりと兎遊については「ひよりさんの導きと、兎遊さんのふしぎな力に、感動しながら撮りました。ふたりの行く末が、ご覧くださった心の中に、どうかつながってゆきますように。ふたりっきりのダンスに、いちばん大切だった女の子を重ねながら、視てもらえたならば、救われます」と述べている。

山戸結希のコメント

Aimerさんの喉を震わせて奏でられる声、
そこへ向かって耳をすますことは、
Aimerさんの心の中に鳴っている音楽の中にはいってゆくことを意味していて、
彼女の歌を映像化するということは、
彼女の持つ哀しい声を可視化することであり、
Aimerさんの中に広がっている、美しい心象風景にそっとふれる旅のようでした。
心の中の言葉にならないソウルが歌になり、
その歌を通じてもう一度、
言葉にならない景色を呼び覚ます、
心の真ん中へと先祖還りするような、
今回Aimerさんの歌のなかをとおって、
根源的な体験をさせていただいたと感じています。

今回のMVに込められた映像は、
ひよりさんの導きと、兎遊さんのふしぎな力に、感動しながら撮りました。
ふたりの行く末が、ご覧くださった心の中に、どうかつながってゆきますように。
ふたりっきりのダンスに、
いちばん大切だった女の子を重ねながら、
視てもらえたならば、救われます。
いちばん大好きだった女の子の背中に、
羽を重ねながら観てもらえたならば、どれだけか!
心には、まださわられていない部分が、あったのだな、と知りました。
Aimerさん、そして関わってくださった皆さんへ、感謝を込めて。
このビデオが、未来への贈りものになりますように。

Aimer『Ref:rain / 眩いばかり』収録内容

[CD]
1. Ref:rain
2. 眩いばかり
3. After Rain -Scarlet ver.-
4. Raining

Aimer“Ref:rain”PVより
Aimer“Ref:rain”PVより
桜田ひより
桜田ひより
Aimer
Aimer
Aimer『Ref:rain / 眩いばかり』ジャケット
Aimer『Ref:rain / 眩いばかり』ジャケット
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く