エリック・ロメール作を夜通し上映 『喜劇と格言劇』シリーズから4作品

オールナイト上映イベント『世界の映画作家Vol. 197 エリック・ロメール「喜劇と格言劇」より』が2月10日に東京・池袋の新文芸坐で開催される。

同イベントでは、エリック・ロメール監督の『喜劇と格言劇』シリーズから4作を上映。上映作品には、海辺の別荘で6人の男女が織り成す恋愛模様を15歳の少女ポーリーヌの目を通して描く『海辺のポーリーヌ』、パートナーに息苦しさを感じ、妻子持ちの親友と遊び歩くようになる主人公・ルイーズをパスカル・オジェが演じた『満月の夜』、幸せを求めてバカンスに出かけた孤独な女性の旅を描く『緑の光線』、パリ郊外のニュータウンを舞台に4人の男女の恋愛模様を描いた『友だちの恋人』がラインナップしている。

イベント情報

『世界の映画作家Vol. 197 エリック・ロメール「喜劇と格言劇」より』

2018年2月10日(土) 会場:東京都 池袋 新文芸坐
上映作品: 『海辺のポーリーヌ』(監督:エリック・ロメール) 『満月の夜』(監督:エリック・ロメール) 『緑の光線』(監督:エリック・ロメール) 『友だちの恋人』(監督:エリック・ロメール) 料金:一般2,300円 前売・友の会2,100円
  • HOME
  • Movie,Drama
  • エリック・ロメール作を夜通し上映 『喜劇と格言劇』シリーズから4作品

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて