ニュース

市原佐都子が主宰する劇団Q、『毛美子不毛話』『妖精の問題』2作上演

Q『毛美子不毛話』『妖精の問題』フライヤービジュアル
Q『毛美子不毛話』『妖精の問題』フライヤービジュアル

Qの舞台『毛美子不毛話』『妖精の問題』の2作品が、2月14日から神奈川・横浜のSTスポットで上演される。

市原佐都子が主宰、作、演出を務める劇団として2011年に始動したQ。市原は2011年に『虫』で『第11回AAF戯曲賞』を受賞、2016年には文芸誌「すばる」で小説家デビューも果たしている。

『毛美子不毛話』は2016年に初演し『第61回岸田國士戯曲賞』にノミネートされ、同年にはソウルマージナルシアターフェスティバルの公式プログラムに招聘された同劇団の代表作。俳優の演技力や身体性を生かした男女の2人芝居だ。

『妖精の問題』は落語、音楽、セミナーの3部構成からなる同劇団の最新作。現代社会の価値基準により見えないことにされてしまっている存在を描いた作品になるという。

『毛美子不毛話』には武谷公雄、永山由里恵(青年団)が出演。『妖精の問題』には日本人として初めてフランスの国立高等演劇学校の俳優セクションに合格し、現在もフランスを拠点に活動している竹中香子に加え、山村崇子(青年団)、兵藤真世(Moratorium Pants)が名を連ねている。また両作の音楽を額田大志(東京塩麹、ヌトミック)が担当。『妖精の問題』はピアニスト杉本亮による生演奏での上演となる。チケットは現在発売中だ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『LAPSE』予告編

柳俊太郎、SUMIREらが出演するBABEL LABEL製作の映画『LAPSE』の予告編。SALU書き下ろしの主題歌“LIGHTS”と共に頭に流れ込む3篇のシーンやセリフに魅了され、近いようで遠く、遠いようで近い世界観に引き込まれる。一瞬、現れるメッセージ「未来に抗え。」。この力強い一言には、どんな想いが込められているのだろうか。(角田)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業