ニュース

八乙女光×高木雄也が舞台W主演『薔薇と白鳥』 シェイクスピアがモチーフ

左から八乙女光、高木雄也(共にHey! Say! JUMP)
左から八乙女光、高木雄也(共にHey! Say! JUMP)

Hey! Say! JUMPの八乙女光、高木雄也のダブル主演舞台『薔薇と白鳥』が、5月27日から東京・新大久保の東京グローブ座、6月29日から大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される。

同作は、これまでに数多くの舞台作品の脚本・翻訳・演出を手掛けてきたG2が書き下ろす「シェイクスピア誕生」の秘話に迫る歴史ミステリー。16世紀末のイギリスに実在した、エリザベス朝期の演劇の礎となった劇作家クリストファー・マーロウとウィリアム・シェイクスピアの友情や葛藤、対立、秘密を、G2の仮説に基づいたフィクションに、史実や当時の演劇のエピソードを織り込みながら描き出す。

片田舎で職人として暮らしていた無学の青年ウィリアム・シェイクスピアを高木雄也が、ロンドンの演劇界に現れた同年齢の天才劇作家クリストファー・マーロウを八乙女光が演じる。チケットは4月14日10:00より発売される。

八乙女光は「マーロウを演じるにあたり、緊張とワクワクでいっぱいです。演じるのは簡単ではないですが、とても面白い舞台になると思います!高木とも息を合わせて、良い相乗効果を発揮 出来ればと思います。是非劇場に足をお運び下さい。」とコメント。

一方の高木雄也は「G2さんの胸を思いっきり借りながら、びしばしと鍛えて頂いて、ウィリアム・シェイクスピアを自分なりに体現したいと思います。」と語っている。

八乙女光のコメント

今回、「薔薇と白鳥」のクリストファー・マーロウを演じさせていただきます。G2さん演出の舞台にお呼びいただき嬉しく思っています。
シェイクスピアとマーロウのお話ですが、シェイクスピアを知らない人でも楽しめる物語となっています。色んな作品を世に出したシェイクスピア、そのシェイクスピアが世に 出る前から、既に劇作家として名を知らしめていたマーロウ、同年齢でもある2人がもしも出会っていたら…と思うとゾクゾクします!とても素敵な夢のあるストーリーです。マーロウを演じるにあたり、緊張とワクワクでいっぱいです。演じるのは簡単ではないですが、とても面白い舞台になると思います!高木とも息を合わせて、良い相乗効果を発揮 出来ればと思います。是非劇場に足をお運び下さい。

高木雄也のコメント

舞台「薔薇と白鳥」にウィリアム・シェイクスピア役で出演する事が決まりました。
台本を読ませて頂いて、早く演じたい気持ちで今からワクワクしています。
2018年は色々な事に挑戦したいという気持ちがあり、そのような時にこのお話を頂いて、G2さんに色々な自分を引っ張り出してもらえるんじゃないかとドキドキしています!
G2さんの胸を思いっきり借りながら、びしばしと鍛えて頂いて、ウィリアム・シェイクスピアを自分なりに体現したいと思います。
良い作品を皆様に届けられるようカンパニーみんなで頑張ります!!

G2のコメント

16世紀の終わり。ロンドン演劇界に忽然と現れたシェイクスピア。同時期に姿を消してしまった同い年の天才作家 マーロウ。この二人に一体何があったのか? 文献は残されていません。そこで想像力を膨らませ二人のライバル作家の闘いと友情を、時にはコミカルに、そして意外な事件も絡んでサスペンスフルな物語に仕立てます。
八乙女光×高木雄也の二人の台詞バトルシーンにもご期待ください。台本を書く前にお二人に会って、物語の構想をお話ししたんですが、そのときの二人がとても「へえ、面白そう!」と目をキラキラと輝かせていたのが印象的でした。芝居を創ることに積極的なエネルギーと意欲を感じました。
八乙女くんはユニークなプランを創出していくタイプと見ました。物事のとらえ方が独特で、一見、優男のようでいて 創作への野心を感じます。
一方、高木くんはナチュラルな野生派と見ました。細かいことに目を奪われず、体当たりでぶつかることができる。素直な感受性の持ち主だと感じました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

jizue“SAKURA” Live at EBISU LIQUIDROOM, Tokyo

昨年末に恵比寿LIQUIDROOMにて開催されたjizueのワンマンライブより、アンコール曲“SAKURA”の映像が公開。バンドには、大人には、人の集合体には、いいこともスムーズにいかないこともあるのだと思わされながらも、「それでもjizueなりに前に進んでいく」といった彼らの心が語られたあとに、バンド初期に作られたこの曲が披露された。片木(Pf)の涙と笑顔、男性メンバーの叫びなど、4人の表情にも注目してほしい。4人に引っ張られたストリングス隊も、「こんな激しいストリングスの演奏見たことない」と言いたくなるくらい、感情が溢れ出ている。(矢島)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生