大谷亮平が映画『焼肉ドラゴン』に出演 桜庭ななみと秘めた恋

初夏に公開される映画『焼肉ドラゴン』の追加キャストが発表された。

2008年に新国立劇場と韓国のソウルアートセンターのコラボレーションで製作された舞台『焼肉ドラゴン』を、作・演出を務めた鄭義信が自ら映画化する同作。高度経済成長期の1970年を舞台に、故郷を奪われ、関西の地方都市で小さな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む6人家族が、時代の波に翻弄されながらも力強く生きる姿を描く。一家の長女・静花役に真木よう子、次女・梨花役に井上真央、三女・美花役に桜庭ななみがキャスティング。幼なじみの静花への想いを秘めたまま梨花と結婚する常連客・哲男役を大泉洋が演じる。

今回出演が発表されたのは大谷亮平。根岸季衣演じる長谷川美根子と夫婦関係にありながら、焼肉ドラゴン一家の三女・美花と秘めた恋を繰り広げる長谷川豊役を演じる。劇中では、美花と美根子が豊を巡って嫉妬心むき出しのバトルを繰り広げるのも見どころのひとつだという。あわせて静花にアプローチをする男性役のハン・ドンギュ、焼肉ドラゴンの常連客役のイム・ヒチョル、宇野祥平、長男で末っ子の時生役の大江晋平の出演も発表。

大谷亮平は「今回、日韓キャストが力を合わせ素敵な作品になるよう意気込んで撮影をスタートさせたわけですが、撮影当初は日韓キャストの間に言葉の壁があり、私が通訳のような役割をさせていただいたりする場面も多々ありましたが、撮影が進むにつれて、それぞれがお互いの国の事を話したりと言葉の壁が解かれていき、自然とお互いの共通語ができたかの様に会話が成立していく空気感がすごく印象的でした」とコメントを寄せている。

大谷亮平のコメント

日本で活動を開始してから初めて、韓国、在日の方々が題材となっている作品に携われたこと、そして70年代当時、在日の方々が異国の地で国の誇りを捨てずに必死に生き抜こうとする姿を描いた作品に携われたことは、自分にとって非常に貴重な経験となりました。
今回、日韓キャストが力を合わせ素敵な作品になるよう意気込んで撮影をスタートさせたわけですが、撮影当初は日韓キャストの間に言葉の壁があり、私が通訳のような役割をさせていただいたりする場面も多々ありましたが、撮影が進むにつれて、それぞれがお互いの国の事を話したりと言葉の壁が解かれていき、自然とお互いの共通語ができたかの様に会話が成立していく空気感がすごく印象的でした。心温まる家族愛に溢れた作品です。是非ご覧下さい!

作品情報

『焼肉ドラゴン』

2018年初夏に全国公開
原作・監督・脚本:鄭義信 出演: 真木よう子 井上真央 桜庭ななみ 大泉洋 大谷亮平 ハン・ドンギュ イム・ヒチョル 宇野祥平 大江晋平 配給:KADOKAWA、ファントム・フィルム
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 大谷亮平が映画『焼肉ドラゴン』に出演 桜庭ななみと秘めた恋

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて