三浦翔平主演『会社は学校じゃねぇんだよ』に柄本時生、松岡充、豊原功補ら

4月からAbemaTVで配信されるドラマ『会社は学校じゃねぇんだよ』の追加キャストが発表された。

同作の企画者である藤田晋の著書『渋谷ではたらく社長の告白』をもとに鈴木おさむが脚本を書き下ろした『会社は学校じゃねぇんだよ』。学生時代に渋谷でギャル男たちの代表をしていた主人公・鉄平が偶然手にしたベンチャー企業の社長の本に感銘を受けて、そのベンチャー企業に入社するが、社長にも裏切られ、やがて仲間と起業するというあらすじだ。鉄平役に三浦翔平、起業を志すモデル水川華子役に宇野実彩子(AAA)がキャスティング。監督は藤井道人ほかが務めた。

今回出演が発表されたのは、鉄平がベンチャー企業「ビットバレーエージェント」に入社するきっかけとなった社長・沢辺進役の豊原功補、同社の専務・黒沢武雄役の池田鉄洋、天才プログラマー堀田貴之役の柄本時生、有名投資家・森永泰三役の松岡充。さらに華子の後輩モデル美紀役の島崎遥香、モデル仲間の麗子役の森矢カンナ、鉄平のギャル男時代の仲間・谷山竜彦役の浅香航大、篠原篤、糸原美波、比嘉梨乃らも出演する。

豊原功補は「主人公がビジネスで成長する上での壁である一方、兄弟間の確執の裏にある人間味が垣間見られるところが興味深いです」、池田鉄洋は「47年の人生で受けてきた数々の仕打ちを思い出し、復習するが如く、イヤな男を演じたいと思います」とコメント。

また柄本時生は「起業する物語で、綺麗事じゃない所が見える本で面白かったです」、松岡充は「このドラマ自体が、インフルエンサーになるように、微力ですが精一杯頑張りたいと思います」とそれぞれコメントを寄せている。

豊原功補のコメント

若者たちの起業から運営におけるチャレンジがスリリングに描かれていて面白みを感じました。
沢辺はビジネスの成功に対しての冷徹な判断力と肌感覚を持っている男なのでしょう。
主人公がビジネスで成長する上での壁である一方、兄弟間の確執の裏にある人間味が垣間見られるところが興味深いです。IT、ベンチャー企業関連の世界での経営者は初めての役柄なので、みなさんと共に面白く作り上げていきたいと思います。

池田鉄洋のコメント

若々しい魅力に溢れた脚本だと思いました。鈴木おさむ先生は私と同世代なのに、なぜこんなにも活力に溢れておられるのか。バイタリティの差を感じます。
黒沢は底意地の悪い男です。そういう男を演じるのはとても楽しいです。
47年の人生で受けてきた数々の仕打ちを思い出し、復習するが如く、イヤな男を演じたいと思います。

柄本時生のコメント

起業する物語で、綺麗事じゃない所が見える本で面白かったです。
AbemaTVで仕事をさせて頂くのは初めてなので、見て頂けると幸いです。

松岡充のコメント

Abema×鈴木おさむで地上波では出来ないドラマを創る!
この話を聞いた時にゾクゾクしました。
鈴木おさむさんからご指名いただき、もちろん快諾させて頂きました。
主役の三浦翔平さんをはじめ、魅力的なキャストの皆さんとの共演もとても楽しみです。
このドラマ自体が、インフルエンサーになるように、微力ですが精一杯頑張りたいと思います。

番組情報

『会社は学校じゃねぇんだよ』

2018年4月からAbemaTVで配信
監督:藤井道人ほか 脚本:鈴木おさむ 出演: 三浦翔平 早乙女太一 宇野実彩子(AAA) 松岡広大 柄本時生 松岡充 池田鉄洋 豊原功補 島崎遥香 森矢カンナ 浅香航大 ほか
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 三浦翔平主演『会社は学校じゃねぇんだよ』に柄本時生、松岡充、豊原功補ら

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて