ニュース

役所広司が吼える&松坂桃李が絶叫 映画『孤狼の血』予告編公開

映画『孤狼の血』の予告編が公開された。

予告編では、役所広司演じる刑事・大上章吾が豚を前にして「極道を法律で押さえ付けたところで何も変わりわせんわい。奴らを生かさず殺さず。飼い殺しにしてくんが儂らの仕事じゃろうが」と述べるシーンや、松坂桃李演じる新人刑事・日岡秀一が絶叫する場面に加えて、石橋蓮司演じる五十子正平、江口洋介演じる一之瀬守孝、滝藤賢一演じる監察官・嵯峨大輔、音尾琢真演じる加古村組の構成員・吉田滋、ピエール瀧演じる瀧井銀次、中村獅童演じる新聞記者・高坂隆文、真木よう子演じる「クラブ梨子」のママ・高木里佳子らの姿が確認できる。同予告編は3月1日から全国の劇場でも公開。

5月12日から公開される『孤狼の血』は、柚月裕子の同名警察小説をもとにした作品。昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島の架空都市・呉原を舞台に、金融会社社員の失踪事件を発端として暴力団同士の抗争が激化していく様が描かれる。

『孤狼の血』ポスタービジュアル ©2018「孤狼の血」製作委員会
『孤狼の血』ポスタービジュアル ©2018「孤狼の血」製作委員会
『孤狼の血』 ©2018「孤狼の血」製作委員会
『孤狼の血』 ©2018「孤狼の血」製作委員会
『孤狼の血』 ©2018「孤狼の血」製作委員会
『孤狼の血』 ©2018「孤狼の血」製作委員会
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー