ニュース

『メイド・イン・ホンコン』20年ぶり上映に尾崎世界観、石井裕也らコメント

3月10日から東京・YEBISU GARDEN CINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開される映画『メイド・イン・ホンコン/香港製造』へのコメントが公開された。

1997年に公開され、当時の香港で半年間のロングランヒットを記録したフルーツ・チャン監督による同作。借金取りを手伝う青年・チャウと弟分のロンが少女・ペンと出会い、飛び降り自殺をした女子学生の遺書を偶然手にしたことをきっかけに、3人の中で奇妙な友情が芽生え始めるというあらすじだ。約20年ぶりの国内上映は、4Kレストアデジタルリマスター版となる。

コメントを寄せたのは尾崎世界観(クリープハイプ)、石井裕也、清水崇、葉山奨之、伊藤沙莉、古泉智浩ら。20年前の上映も見ていたという尾崎は「久しぶりに見ても色褪せないどころか、色褪せてからが本当だった」と語り、石井は「これはまさに『時代』が作らせた映画であり、この独特の瑞々しさを現代で表現することは不可能だと思います」とコメントしている。

尾崎世界観(クリープハイプ)のコメント

久しぶりに見ても色褪せないどころか、色褪せてからが本当だった。
薄汚れて、日に焼けて、嫌になる程見えたのは、紛れもない色だった。
思わず、それが「青春」とか言ってしまいそうになった。

石井裕也のコメント

香港返還前、若者たちの最後の叫び、躍動。この青春の風景は、懐かしいようで、新しい。これはまさに「時代」が作らせた映画であり、この独特の瑞々しさを現代で表現することは不可能だと思います。

清水崇のコメント

同じ作り手にも、その時代、瞬間、面子でしか成し得ない名作が存在する。『イージーライダー』『悪魔のいけにえ』……若さはあらゆる不遇を越えて普遍的な輝きを掴み取り、世界を切り開くのだ。

葉山奨之のコメント

素直に羨ましい!と思いました。経験や計算ではなく“その時代”、“その瞬間”にしか出せない表現力。スクリ―ンから溢れ出すエネルギ―に、鑑賞後、自分もチャウ達と“共に生きた”という感覚をおぼえました。

伊藤沙莉のコメント

物語は大体がひょんなことから始まる。変わらない日常の中で突然何かを得たり、何かを失ったりする。
それを1番経験する時のことを青春と呼ぶのかなと思います。たとえ残酷な結末が待っていたとしても輝いていたそのひと時はかけがえのない青春だったんだと思いました。

古泉智浩のコメント

リリカルで刹那で、やる瀬ない。最高のチンピラ映画だ!主人公の佇まいが美しくて、スポーツ刈りのヒロインはどうかと思っていたが大好きになってしまったし、薄らバカの子分も愛らしかった。

『メイド・イン・ホンコン/香港製造』キービジュアル ©Teamwork Production House Ltd./Nicetop Independent Ltd.
『メイド・イン・ホンコン/香港製造』キービジュアル ©Teamwork Production House Ltd./Nicetop Independent Ltd.
『メイド・イン・ホンコン/香港製造』 ©Teamwork Production House Ltd./Nicetop Independent Ltd.
『メイド・イン・ホンコン/香港製造』 ©Teamwork Production House Ltd./Nicetop Independent Ltd.
『メイド・イン・ホンコン/香港製造』ロゴ ©Teamwork Production House Ltd./Nicetop Independent Ltd.
『メイド・イン・ホンコン/香港製造』ロゴ ©Teamwork Production House Ltd./Nicetop Independent Ltd.
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

MONO NO AWARE“東京”

一言で「東京」と言っても、いろんな場所があるし、そこに暮らす人の価値観や思想もさまざま。MONO NO AWAREの新作より、玉置周啓と加藤成順の故郷・八丈島(ここも東京)をドキュメンタリータッチに切り取った“東京”のPVが公開。<みんながみんな 幸せになる方法などない><無理くり手をつないでも 足並みなどそろわない>という歌い出しにハッとさせられる。私とあなたの違いを「受け入れる」のではなく、その違いをもっとポジティブに捉える思考の転換が僕らには必要なのかもしれないですね。これ、マジの名曲です。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く