ニュース

『メイド・イン・ホンコン』20年ぶり上映に尾崎世界観、石井裕也らコメント

3月10日から東京・YEBISU GARDEN CINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開される映画『メイド・イン・ホンコン/香港製造』へのコメントが公開された。

1997年に公開され、当時の香港で半年間のロングランヒットを記録したフルーツ・チャン監督による同作。借金取りを手伝う青年・チャウと弟分のロンが少女・ペンと出会い、飛び降り自殺をした女子学生の遺書を偶然手にしたことをきっかけに、3人の中で奇妙な友情が芽生え始めるというあらすじだ。約20年ぶりの国内上映は、4Kレストアデジタルリマスター版となる。

コメントを寄せたのは尾崎世界観(クリープハイプ)、石井裕也、清水崇、葉山奨之、伊藤沙莉、古泉智浩ら。20年前の上映も見ていたという尾崎は「久しぶりに見ても色褪せないどころか、色褪せてからが本当だった」と語り、石井は「これはまさに『時代』が作らせた映画であり、この独特の瑞々しさを現代で表現することは不可能だと思います」とコメントしている。

尾崎世界観(クリープハイプ)のコメント

久しぶりに見ても色褪せないどころか、色褪せてからが本当だった。
薄汚れて、日に焼けて、嫌になる程見えたのは、紛れもない色だった。
思わず、それが「青春」とか言ってしまいそうになった。

石井裕也のコメント

香港返還前、若者たちの最後の叫び、躍動。この青春の風景は、懐かしいようで、新しい。これはまさに「時代」が作らせた映画であり、この独特の瑞々しさを現代で表現することは不可能だと思います。

清水崇のコメント

同じ作り手にも、その時代、瞬間、面子でしか成し得ない名作が存在する。『イージーライダー』『悪魔のいけにえ』……若さはあらゆる不遇を越えて普遍的な輝きを掴み取り、世界を切り開くのだ。

葉山奨之のコメント

素直に羨ましい!と思いました。経験や計算ではなく“その時代”、“その瞬間”にしか出せない表現力。スクリ―ンから溢れ出すエネルギ―に、鑑賞後、自分もチャウ達と“共に生きた”という感覚をおぼえました。

伊藤沙莉のコメント

物語は大体がひょんなことから始まる。変わらない日常の中で突然何かを得たり、何かを失ったりする。
それを1番経験する時のことを青春と呼ぶのかなと思います。たとえ残酷な結末が待っていたとしても輝いていたそのひと時はかけがえのない青春だったんだと思いました。

古泉智浩のコメント

リリカルで刹那で、やる瀬ない。最高のチンピラ映画だ!主人公の佇まいが美しくて、スポーツ刈りのヒロインはどうかと思っていたが大好きになってしまったし、薄らバカの子分も愛らしかった。

『メイド・イン・ホンコン/香港製造』キービジュアル ©Teamwork Production House Ltd./Nicetop Independent Ltd.
『メイド・イン・ホンコン/香港製造』キービジュアル ©Teamwork Production House Ltd./Nicetop Independent Ltd.
『メイド・イン・ホンコン/香港製造』 ©Teamwork Production House Ltd./Nicetop Independent Ltd.
『メイド・イン・ホンコン/香港製造』 ©Teamwork Production House Ltd./Nicetop Independent Ltd.
『メイド・イン・ホンコン/香港製造』ロゴ ©Teamwork Production House Ltd./Nicetop Independent Ltd.
『メイド・イン・ホンコン/香港製造』ロゴ ©Teamwork Production House Ltd./Nicetop Independent Ltd.
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優