ニュース

松田龍平×野田洋次郎『しょったん』に妻夫木聡、松たか子ら12人&特報

『泣き虫しょったんの奇跡』キャスト
『泣き虫しょったんの奇跡』キャスト

映画『泣き虫しょったんの奇跡』の追加キャストが発表。あわせて特報が公開された。

棋士・瀬川晶司五段の自伝的小説を原作にした同作は、26歳で将棋の道を絶たれてサラリーマンとなった「しょったん」こと瀬川晶司が35歳で再びプロ棋士を目指す姿を描いた作品。しょったん役を松田龍平、しょったんを陰ながら支える親友でライバルの悠野役を野田洋次郎(RADWIMPS)が演じる。監督は『青い春』などの豊田利晃。

今回出演が発表された追加キャストは、永山絢斗、染谷将太、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、早乙女太一、妻夫木聡、松たか子、イッセー尾形、小林薫、美保純、國村隼の12人。

しょったんと苦楽を共にする奨励会員役として、永山絢斗が新藤和正役、染谷将太は新藤らとぶつかることもある村田康平役、渋川清彦が山川孝役、駒木根隆介が畑中良一役、新井浩文が清又役、早乙女太一が加東大介役、妻夫木聡が冬野渡役を演じる。また、松たか子はしょったんの小学生時代に多大な影響を与えた担任教師・鹿島澤佳子役、イッセー尾形は中学生時代のしょったんに将棋を教える将棋クラブの席主・工藤一男役、小林薫は再びプロを目指すしょったんを支える藤田守役、美保純がしょったんの母・千香子役、國村隼が父・敏雄役にキャスティングされている。

音楽を担当する照井利幸の楽曲を使用した特報では、しょったんがサラリーマンとして勤務する様子やマスコミ陣を背に対局を行なう場面、将棋に熱中するしょったんに鹿島澤が微笑むシーンに加えて、悠野、新藤、村田、冬野、藤田、敏雄、藤田の姿などが確認できる。

妻夫木聡は撮影中印象に残ったことについて「次第に精神が病んでいく役柄だったのですが、豊田監督の繊細な演出が印象的でした。人物の心理や情景をとても細かくみてらっしゃるんだなぁと実感しました。あと、僕は出演者の中でたぶん一番将棋が下手でした」とコメント。

永山絢斗はオファーを受けた時の感想について「豊田監督が『将棋』の映画を撮ると聞いてこの上なく高揚したのを覚えています」、染谷将太は「中学の時から憧れていた豊田さんの世界。そこに招き入れて下さったことに感謝しています」とそれぞれコメント。

また松たか子は「現場では、瀬川さんもいらっしゃったので、ご本人の前で、影響を与えた先生でいるのは、とても緊張しましたが、しょったんはもちろん、生徒のみんなと目線をあわせてあげられたら、と思っていました」と語っている。

妻夫木聡のコメント

オファーを受けた時の感想
豊田監督にオファーを頂けたことが何より嬉しかったです。
また、原作の瀬川さんと同じ高校ということも、勝手ながら運命的なものを感じていました。

撮影中印象に残ったこと
次第に精神が病んでいく役柄だったのですが、豊田監督の繊細な演出が印象的でした。
人物の心理や情景をとても細かくみてらっしゃるんだなぁと実感しました。
あと、僕は出演者の中でたぶん一番将棋が下手でした。
染谷くんと将棋最弱王決定戦なるものをやったのですが決着がつかなかったので今度じゃんけんしておきます。

永山絢斗のコメント

オファーを受けた時の感想
豊田監督が「将棋」の映画を撮ると聞いてこの上なく高揚したのを覚えています。自分は幸福者だなぁと思えた日々でしたし、大好きな作品になりました。

染谷将太のコメント

オファーを受けた時の感想
中学の時から憧れていた豊田さんの世界。そこに招き入れて下さったことに感謝しています。そして、こんなに将棋映画に関われることに驚きです。

撮影中印象に残ったこと
黙々と撮影を進めると同時に、皆さん黙々と将棋を指し続けていました。自分はいっこうに強くなれませんでした。

松たか子のコメント

「ナイン・ソウルズ」に1シーンだけ出演して以来、豊田監督の新作に再び声をかけていただき、断る理由は何もなく、出演される「おとな」の皆さんとは全く出会わない役柄でしたが、でも出会えていることを信じて演じたつもりです。
現場では、瀬川さんもいらっしゃったので、ご本人の前で、影響を与えた先生でいるのは、とても緊張しましたが、しょったんはもちろん、生徒のみんなと目線をあわせてあげられたら、と思っていました。
かかわった全ての人が熱い想いで作ったこの映画の成功を、心から祈っています。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー