ニュース

西野七瀬がテレ東『オー・マイ・ジャンプ!』最終回に登場、生駒里奈と共演

左から伊藤淳史、西野七瀬、生駒里奈 ©「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会/©『電影少女2018』製作委員会
左から伊藤淳史、西野七瀬、生駒里奈 ©「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会/©『電影少女2018』製作委員会

テレビ東京系で放送中のドラマ『オー・マイ・ジャンプ!』に西野七瀬(乃木坂46)が出演することがわかった。

西野が出演するのは最終回が放送される3月23日。同じくテレビ東京で放送中のドラマ『電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~』でビデオガール・天野アイ役を演じている西野は、アイ役で伊藤淳史演じる主人公・月山浩史、生駒里奈(乃木坂46)演じる火村智子らの前に登場する。なお本日3月16日放送の『オー・マイ・ジャンプ!』は『ONE PIECE』のエピソードとなる。

4月リリースのシングル『シンクロニシティ』で卒業を予定している生駒里奈(乃木坂46)は西野との共演について「『電影少女』は、ドラマをずっと見ているので、実際に天野アイ姿になったなーちゃんを見て『あ、本物だ!』という感じでした(笑)。長年一緒に仕事をしていますが、乃木坂46の仕事ではない単独の仕事の現場で、なーちゃんと一緒にコラボできたことは、凄く斬新で楽しかったです」とコメント。

また西野は生駒との共演について「電影少女の撮影は去年に撮り終えていたので、もう1回アイちゃんになるのが久々でしたし、生駒ちゃんがずっとやっている現場にいくという経験もなかなかないので、面白かったです」と述べている。

『オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~』は、独身の営業マンである月山が、『週刊少年ジャンプ』を愛する大人たちが集まって名作漫画などについて語り合う秘密クラブに出会い、やがて彼らに影響されながら変わっていくというあらすじ。かつてヒーローに憧れていた月山がやがて覚醒し、地球規模の災いに巻き込まれていく様を描く。

生駒里奈(乃木坂46)のコメント

天野アイ姿の西野の印象、共演の感想
「電影少女」は、ドラマをずっと見ているので、実際に天野アイ姿になったなーちゃんを見て「あ、本物だ!」という感じでした(笑)。長年一緒に仕事をしていますが、乃木坂46の仕事ではない単独の仕事の現場で、なーちゃんと一緒にコラボできたことは、凄く斬新で楽しかったです。

「オー・マイ・ジャンプ!」が自身初のドラマ単独出演だったことについて
私にとっては全部難しかったです。今回、すごい方たちとの共演だったのですが、現場でも勉強するというほうが多かったですし、あらためて自分はまだまだだなという事にたくさん気づいた期間でした。でも、現場は凄く楽しかったですし、いいものに出会えたと思います。とてもいい経験になりました。

「オー・マイ・ジャンプ!」最終回の見どころ
毎回1話完結のようなお話でしたが、ちょっとずつ繋がっていて、10話、11話(最終話)ではまさかの展開が待っています!あんな大御所がこんなに体を張っているんだ!というところがみどころですね!ぜひリアルタイムで見て頂いて、ツイッターとかでみんなで感想を共有して欲しいですね。

今後について
ご縁があったら、今後もドラマに挑戦してみたいと思います。

西野七瀬(乃木坂46)のコメント

「オー・マイ・ジャンプ!」出演、生駒と共演の感想
電影少女の撮影は去年に撮り終えていたので、もう1回アイちゃんになるのが久々でしたし、生駒ちゃんがずっとやっている現場にいくという経験もなかなかないので、面白かったです。
「オ・ーマイ・ジャンプ!」の世界について
現場の雰囲気が全然違うなぁって・・・。短い時間でしたが、生駒ちゃんも共演した伊藤淳史さんもこちらが緊張せずにいられるような雰囲気を出してくださり、リラックスして演じることができました。
火村智子役の生駒について
割と「自分に近いキャラ、役なんだ」と聞いていたので、私はあまり「(生駒ちゃんが)芝居している!」っていう感じでもなく自然体に見えました。

「電影少女2018」終盤の見どころ
結構シリアスな展開があるので、前半のワイワイ楽しい感じとは、ガラッと変わった雰囲気なので、そういうところを楽しんで見ていただけたらと思います。

「電影少女2018」「オー・マイ・ジャンプ!」2番組を見ている人へのメッセージ
どっちも観ている方には、「おお!コラボだ!」となるかと思いますし、どちらかしか観ていない方にもこれを機に観よう!て思ってもらえたらいいなと思います。

左から西野七瀬、生駒里奈 ©「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会/©『電影少女2018』製作委員会
左から西野七瀬、生駒里奈 ©「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会/©『電影少女2018』製作委員会
西野七瀬演じる天野アイ ©『電影少女2018』製作委員会
西野七瀬演じる天野アイ ©『電影少女2018』製作委員会
『オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~』 ©「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
『オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~』 ©「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年