北乃きい&柄本時生W主演 劇団た組。の舞台『心臓が濡れる』7月上演

劇団た組。の舞台『心臓が濡れる』が、7月5日から東京・錦糸町のすみだパークスタジオ倉で上演される。

同劇団の16回目の公演となる『心臓が濡れる』。作と演出を加藤拓也が務める。主演は今年5月に『人形の家』でも主演を務める北乃きい、昨年『流山ブルーバード』などに出演した柄本時生の2人。

北乃きいは「初めて脚本を読まさせて頂いた時、凄く深く心に残る何か心臓が痺れるような感覚がありました。ユニークなシーンもあり、初めて舞台の台本で声を出して笑いました」、柄本時生は「よく分かりませんでした、よく分からないことが分かりました。多分僕よりも若い人の本をまだ見たことがないからなのかなぁ。未来の人間が書く物はやっぱりわからないですね」とコメントしている。

チケットの先行抽選販売は4月18日10:00から。

北乃きいのコメント

この度舞台「心臓が濡れる」に出演させて頂きます。初めて脚本を読まさせて頂いた時、凄く深く心に残る何か心臓が痺れるような感覚がありました。ユニークなシーンもあり、初めて舞台の台本で声を出して笑いました。ユーモアとシリアスが融合した作品に出演出来る事、そしてとても才能溢れる演出家の加藤拓也さんとお仕事出来る事、とても嬉しいですし楽しみです。文章ではお伝えしきれないくらいのこの加藤拓也ワールドを是非劇場でご堪能下さい!

柄本時生のコメント

よく分かりませんでした、よく分からないことが分かりました。多分僕よりも若い人の本をまだ見たことがないからなのかなぁ。未来の人間が書く物はやっぱりわからないですね。だから自分がどんな風になるのか分からなくなるのは初めてです。一生懸命頑張りたいと思います。

加藤拓也のコメント

自粛という中止を受け止めざるを得ない世の中ですが、あっちでもやれなくなったからこっちでやって、の果てにあるライブでもやれなくなったら、どこでやればいいんだろうと考えています。

 

イベント情報

劇団た組。第16回目公演 『心臓が濡れる』

2018年7月5日(木)~7月16日(月・祝)全15公演 会場:東京都 錦糸町 すみだパークスタジオ倉
作・演出:加藤拓也 出演: 北乃きい 柄本時生 料金:前売6,000円 当日6,500円

関連リンク

  • HOME
  • Stage
  • 北乃きい&柄本時生W主演 劇団た組。の舞台『心臓が濡れる』7月上演

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて