映画『君の名前で僕を呼んで』サントラ本日発売 スフィアンのコメント到着

『「君の名前で僕を呼んで」オリジナル・サウンドトラック』が本日3月21日にリリースされた。

同作は、『第90回アカデミー賞』脚色賞を受賞した映画『君の名前で僕を呼んで』の国内盤サウンドトラック。『第90回アカデミー賞』歌曲賞にノミネートされたスフィアン・スティーヴンスが歌う主題歌“Mystery of Love”や、同じくスティーヴンスの楽曲“Visions of Gideon”、坂本龍一の“M.A.Y. in the Backyard”、『戦場のメリー・クリスマス』の劇中曲でもある“Germination”、The Psychedelic Fursの“Love My Way”に加えて、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ、モーリス・ラヴェル、エリック・サティといったクラシックの楽曲など全17曲を収録する。

スフィアン・スティーヴンスは『君の名前で僕を呼んで』への楽曲提供について「そもそも僕は映画の中での曲の使い方があまり好きじゃないんだ。それに(監督の)ルカが最初に声かけてくれた時は、僕はツアー中で忙しかったんだ。でも一旦電話で話してからはとんとん拍子に事が進んだ。ツアーを終えて家に帰って脚本と原作本を読んだら、すぐに曲のアイディアが固まった。数日で書き上げたよ。すごく楽に出来た」とコメント。

さらにルカ・グァダニーノ監督について「彼は最初から彼と僕との間で、監督とソングライターとして、僕たちは理解し合ってシンクロしていると分かっていたんだ。初めてこの映画を見た時、始まる前に彼から『この映画は君の音楽へのオマージュだということを知っていて欲しい』と言われて、照れてしまった記憶がある。でも映画を見終わったときに、彼が言った意味を理解したんだ。(この映画は)僕へのオマージュとかそんなことではなく、確かな音楽的で審美的な世界へのオマージュなんだと」と明かしている。

またルカ・グァダニーノ監督は「スフィアンの歌で映画にもう一つの声が加わったと思う。彼の曲はナレーションのない映画のナレーションなんだ」と述べている。

アンドレ・アシマンの小説『Call Me By Your Name』をもとにした映画『君の名前で僕を呼んで』は、1983年夏の北イタリアの避暑地を舞台に、17歳のエリオが大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと惹かれ合っていく様を描いた作品。オリヴァーを相手に初めての恋を知るエリオ役をティモシー・シャラメ、オリヴァー役をアーミー・ハマーが演じる。公開は4月27日。

リリース情報

V.A.
『「君の名前で僕を呼んで」オリジナル・サウンドトラック』国内盤(CD)

2018年3月21日(水)発売 価格:2,592円(税込) SICP-5682
1. Hallelujah Junction - 1st movement - / ジョン・アダムズ 2. M.A.Y. in the Backyard / 坂本龍一 3. J'adore Venise / ロレダーナ・ベルテ 4. Paris Latino / バンドレロ 5. Sonatine bureaucratique / フランク・グレイザー 6. Zion hort die Wachter singen(From“Cantata Wachet auf, ruft uns die Stimme”, BWV 140) / アレッシオ・バックス 7. Lady Lady Lady / ジョルジオ・モロダー&ジョー・エスポジト 8. Une barque sur l'ocean from Miroirs / アンドレ・ラプランテ 9. Futile Devices(Doveman Remix) / スフィアン・スティーヴンス 10. Germination / 坂本龍一 11. Words / F・R・デイヴィッド 12. E la vita / マルコ・アルマーニ 13. Mystery of Love / スフィアン・スティーヴンス 14. Radio Varsavia / フランコ・バッティアート 15. Love My Way / The Psychedelic Furs 16. Le jardin feerique from Ma mere l'Oye / ヴァレリア・セルヴァンスキー&ロナルド・カヴァイエ 17. Visions of Gideon / スフィアン・スティーヴンス
作品情報

『君の名前で僕を呼んで』

2018年4月27日(金)からTOHOシネマズシャンテほか全国で公開
監督:ルカ・グァダニーノ 脚色:ジェームズ・アイヴォリー 原作:アンドレ・アシマン 主題歌:スフィアン・スティーヴンス“Mystery of Love” 出演: ティモシー・シャラメ アーミー・ハマー マイケル・スタールバーグ アミラ・カサール ほか 上映時間:132分 配給:ファントム・フィルム
  • HOME
  • Music
  • 映画『君の名前で僕を呼んで』サントラ本日発売 スフィアンのコメント到着

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて