ニュース

田中馨率いるHei Tanakaがカクバリズムから初7インチSG&レコ発にトクマル

Hei Tanaka
Hei Tanaka

Hei Tanakaの7インチシングル『やみよのさくせい』が、5月2日にリリースされる。

田中馨(ショピン、ex.SAKEROCK)を中心として2012年に結成され。2016年から現体制となったHei Tanaka。現在のメンバーは田中馨(Ba)、池田俊彦(Dr / T.V.not january)、牧野容也(Gt / 小鳥美術館)、サトゥーくん(Sax / ex.the act we act)、黒須遊(Sax / RIDDIMATES)、あだち麗三郎(Sax)の6人。これまでに滞空時間、DUSTIN WONG、小鳥美術館、あふりらんぽとのスプリットカセットテープを発表している。

7インチシングル『やみよのさくせい』はSAKEROCKが所属していたカクバリズムからリリース。A面には岡山のバンド・ロンリーのイベントに出演したことから生まれたというタイトル曲を収録し、B面には昨年逝去した蓮実重臣のユニット「Pacific231」の楽曲“SORA NO KOTOZUTE”のカバーが収められる。

なお同作のリリースを記念したイベント『Hei Tanaka presents Hei祭りVol.2』が、5月2日に東京・渋谷のWWWで開催。田中馨がバンド編成時のメンバーに名を連ねている、トクマルシューゴとのツーマンライブとなる。また同日に東京・渋谷のDJ BAR ROOTSでアフターパーティーも開催される。

田中馨のコメント

第1章

やめて はじめて
はじめて やめる

Hei Tanaka
何か自分の音楽やった方が良いっすよ
と、僕にけしかけた仲原達彦が
カクバリズムに入った。

奇しくも
台湾の大好きなレコード屋「2manyminds」のSpykeeが店を閉めて、月見ル君想フに入った。

「持久力を持って続けられるかが問題」と、僕の「今はテレビを作る時代ですよ。カクバリズムTV作りましょう!」
という、ジョークに角張さんは真面目に答えてくれた。

久々に、リリースに向けて打ち合わせを重ねたが、会社だから的な事をいくつか言われ
早口も相まって八割、何言っているのか分からなかった。

僕は頭が悪い。
ついでに言うと、目も節穴だ。
15年前、角張さんの印象は
僕が中学生の時、渋谷、宮下公園横の交差点でカツアゲされた兄ちゃんの様にボディータッチ多めで、
決して信じてはいけない類の人だと思っていた。

頭の悪い目が節穴の末っ子と
今や、音楽シーンにその名を轟かす
インディーズレーベルの社長(末っ子)とでは
今後、うまく行くのか非常に心配だ。

奇しくも
亀田興毅氏がプロボクサーに復帰した。
「華々しくデビューしてきた亀田興毅というボクサーを、華々しい舞台で終らるせんや!」
と、言っていた。

「Hei Tanakaはどうなりたいの?」
と、わかる言葉で語ってくれた角張さんの言葉。
Hei Tanakaを初める時に所信表明なるものを書いた。
(※参照 http://heitanaka.tanaka-kei.com/rettou/)
冒頭でアメーバの話をした。
今だって変わらずアメーバだ。

奇しくも
中学生球児が、始球式にきたアイドルに群がっていた。

「馨くんのソロを楽しみにしているんだ」
ベットの上から、ずっと言い続けてくれた人がいた。
お見舞いに行くと、ずっと僕のことを褒めてくれた。
褒められ慣れてないのと、弱っている事があからさまに分かる大好きな友人という現実の前で
居心地の悪さを感じている自分を恥じた。

今回の作品は、Pacific231 蓮実重臣さん 
偉大な音楽家の曲をカバーさせてもらいました。
やはり偉大で、とても原曲の素晴らしさを組みきれない不甲斐なさもあります。
ですが、不甲斐ない今の私達。
しっかり録音できたことを本当に嬉しく思います。

きっと、蓮実さんは褒めてくれると思うんだよなぁ。

奇しくも
カクバリズムで、7inchレコードを出す事になった。

全ての人に感謝です。

****
第2章

Hei Tanakaは仲原達彦にけしかけられた。
彼とは、彼が大学生の時からの付き合いで
大学生に「やるべきだ!」と、強めの口調で言われた事が楽しかった。
人は誰かに「やるべきだ!」と言われるの待ちな所がある。
待ってた所にやって来た大学生に、僕は乗った。

その時は「ソロを」という話だったが
僕は、池田俊彦とシャンソンシゲルを誘った。
絵を描くドラマーが2人と、とにかく機材が多い田中が1人のバンドだった。
その時点で彼の思惑とは違ったのかもしれないが
社会人になった彼に「いつか責任取ってもらうからね」と、強めの口調で言うのが楽しかった。
人は誰かに「いつか責任取ってもらうからね」と言われるの待ちな所がある。
か、どうかは分からないが
彼は、僕の目測では2割くらいの力で「はい」と言った。
そしてHei Tanakaは静かにフェードアウトしていった。

静かにフェードアウトした物を、再び立ち上げるには大きな動機が必要だ。
僕は「でかい」「早い」「エロい」など、中学生っぽい動機の引き出しを探した。

そして

田中馨 ベース
池田俊彦 ドラム
牧野容也 ギター
サトゥー サックス
あだち麗三郎 サックス
黒須遊 サックス

そう
これが導き出した動機。

「サックスが一杯」

思ってたより一杯ではなく、3人だ。
しかし、その3人は一杯サックスを吹いている。

割と新しくできたサックスという楽器の、割と都会的な胴体の中を一杯息が通る。
一杯一杯一杯息を入れたその先に漏れ出た息。そこをキャッチできたならば。
それを「キャッチ・アンド・サックス」と呼ぶ事にしよう。

そして、彼らはとうとう「キャッチ・アンド・サックス」をした。

その日は岡山のロンリーというバンドに呼んでもらった
「やみよのさくせい」というイベントだった。

頭で考えた挑戦を、気分が超えた。
それを言葉にするなら「やみよのさくせい」と言いたい気分だった。

僕は次の作品で歌ってみたくなった。

これはサクセスストーリーであって、何もサクセさないストーリー。
しかもサックスによってだ!!!

っていう感じのプロローグで始まる第2章はどうだろ? って聞こう。
彼は、僕の予測では8割くらいの力で的確なダメ出しをして来るんじゃないかと思う。
全く、仕事ができる男だ。

なぜなら、僕達は第2章の話じゃなく
「Hei Tanaka / やみよのさくせい」 5月2日 カクバリズムからリリース!!!
と言う事が言いたいのだから。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも