ウォーホル、ケージ、ボイス、ギンズバーグら15作家 『理由なき反抗』展

『理由なき反抗 展 I LOVE ART 14』が4月7日から東京・外苑前のワタリウム美術館で開催される。

ジェームス・ディーン主演映画の邦題であり、アンディ・ウォーホルが同作の日本版広告ポスターを題材に作品を制作した『理由なき反抗』を展覧会タイトルに据える同展。アートの歴史が自由を獲得するための歴史でもあったことに焦点を当て、慣習や体制、権力、困難な状況に抗う表現を行なったアーティストの作品約100点を、ワタリウム美術館のコレクションを中心に展示する。

出品作家は、ホワン・ヨンピン、ジョン・ケージ、ヨーゼフ・ボイス、ナムジュン・パイク、オノ・ヨーコ、竹川宣彰、バックミンスター・フラー、アレクサンドル・ロトチェンコ、マックス・ビル、アンディ・ウォーホル、ギルバート&ジョージ、キース・ヘリング、アレン・ギンズバーグ、ロバート・メイプルソープ、BIENの15組。会場は第1章「レジスタンス[抵抗]」、第2章「デザイン革命」、第3章「理由なき反抗」の3テーマで構成される。

イベント情報

『理由なき反抗 展 I LOVE ART 14』

2018年4月7日(土)~7月29日(日) 会場:東京都 外苑前 ワタリウム美術館
時間:11:00~19:00(水曜は21:00まで) 出品作家: ホワン・ヨンピン ジョン・ケージ ヨーゼフ・ボイス ナムジュン・パイク オノ・ヨーコ 竹川宣彰 バックミンスター・フラー アレクサンドル・ロトチェンコ マックス・ビル アンディ・ウォーホル ギルバート&ジョージ キース・ヘリング アレン・ギンズバーグ ロバート・メイプルソープ BIEN 休館日:月曜(4月30日、7月16日は開館) 料金:大人1,000円 学生800円 大人2人券1,600円 学生2人券1,200円 小中学生500円 70歳以上700円
  • HOME
  • Art,Design
  • ウォーホル、ケージ、ボイス、ギンズバーグら15作家 『理由なき反抗』展

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて