ニュース

木村拓哉VS二宮和也、2人の検事の対峙描く『検察側の罪人』ポスター&特報

映画『検察側の罪人』のポスタービジュアルと特報が公開された。

8月24日から公開される同作は東京地検を舞台にした雫井脩介の同名小説が原作。木村拓哉演じるエリート検事・最上毅と、最上を師と仰ぐ二宮和也演じる若き検事・沖野啓一郎が、ある殺人事件を巡ってすれ違い、やがて互いの正義を賭して対峙するというあらすじだ。共演者には吉高由里子、松重豊、山崎努、平岳大、八嶋智人、大倉孝二らが名を連ねる。メガホンを取るのは原田眞人。

ポスタービジュアルには木村拓哉と二宮和也の姿がモノクロで捉えられている。撮影は荒木経惟が担当。荒木の「年齢を重ねてきた男の『顔』を撮りたい」という提案のもと、映画本編の撮影が終了する直前の昨年9月1日に都内のスタジオで撮影が行なわれた。

製作陣は当初2人の検事が対立するという物語を踏まえて、木村と二宮を別々に撮影することを想定していたが、荒木の「そこに二人が一緒に立つことで、緊張感が生まれる。それを撮る」「お互いが意識し合う、必ず、役柄を引きずって火花が散る」という狙いから2人を当時に撮影したいと提案されたという。

あわせて公開された特報では、木村拓哉演じる最上と二宮和也演じる沖野が捜査方針を巡って言い争う場面や、最上が沖野を指さして「検事でいる意味がない!」と机を叩くシーン、沖野が何かを叫んでいる様子などが確認できる。

『検察側の罪人』ポスタービジュアル ©2018 TOHO/JStorm
『検察側の罪人』ポスタービジュアル ©2018 TOHO/JStorm
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開