ニュース

木村拓哉VS二宮和也、2人の検事の対峙描く『検察側の罪人』ポスター&特報

映画『検察側の罪人』のポスタービジュアルと特報が公開された。

8月24日から公開される同作は東京地検を舞台にした雫井脩介の同名小説が原作。木村拓哉演じるエリート検事・最上毅と、最上を師と仰ぐ二宮和也演じる若き検事・沖野啓一郎が、ある殺人事件を巡ってすれ違い、やがて互いの正義を賭して対峙するというあらすじだ。共演者には吉高由里子、松重豊、山崎努、平岳大、八嶋智人、大倉孝二らが名を連ねる。メガホンを取るのは原田眞人。

ポスタービジュアルには木村拓哉と二宮和也の姿がモノクロで捉えられている。撮影は荒木経惟が担当。荒木の「年齢を重ねてきた男の『顔』を撮りたい」という提案のもと、映画本編の撮影が終了する直前の昨年9月1日に都内のスタジオで撮影が行なわれた。

製作陣は当初2人の検事が対立するという物語を踏まえて、木村と二宮を別々に撮影することを想定していたが、荒木の「そこに二人が一緒に立つことで、緊張感が生まれる。それを撮る」「お互いが意識し合う、必ず、役柄を引きずって火花が散る」という狙いから2人を当時に撮影したいと提案されたという。

あわせて公開された特報では、木村拓哉演じる最上と二宮和也演じる沖野が捜査方針を巡って言い争う場面や、最上が沖野を指さして「検事でいる意味がない!」と机を叩くシーン、沖野が何かを叫んでいる様子などが確認できる。

『検察側の罪人』ポスタービジュアル ©2018 TOHO/JStorm
『検察側の罪人』ポスタービジュアル ©2018 TOHO/JStorm
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら