ニュース

『カンヌ』コンペ部門に是枝裕和、濱口竜介、スパイク・リー、ゴダールら

『万引き家族』 ©2018『万引き家族』 製作委員会
『万引き家族』 ©2018『万引き家族』 製作委員会

5月8日から開催される『第71回カンヌ国際映画祭』コンペティション部門のランナップが発表された。

オープニングを飾るのはペネロペ・クルスとハビエル・バルデムが共演したアスガル・ファルハーディー監督の『Everybody Knows』。日本からは是枝裕和監督の新作『万引き家族』、濱口竜介監督の新作『寝ても覚めても』が正式出品される。

さらにスパイク・リー監督の『Blackkklansman』、ジャン=リュック・ゴダール監督の『Le Livre d'image』、イ・チャンドン監督の『Burning』、ステファヌ・ブリゼ監督の『At War』、ジャ・ジャンクー監督の『Ash is Purest White』、デヴィッド・ロバート・ミッチェル監督の『Under the Silver Lake』、ジャファール・パナヒ監督の『Three Faces』、マッテオ・ガローネ監督の『Dogman』、クリストフ・オノレ監督の『Sorry Angel』、エヴァ・ハソン監督の『Girls of the Sun』、ナディーン・ラバキー監督の『Capernaum 』、パヴェウ・パヴリコフスキ監督の『Cold War』、アリーチェ・ロルヴァケル監督の『Happy as Lazzaro』、A・B・シャウキー監督の『Yomeddine』、キリル・セレブレニコフ監督の『Summer』の計18作品がラインナップしている。

5度目のコンペティション部門出品となる是枝監督は「素直に嬉しいです。5度目のコンペということで『賞レース』とか『意気込み』とはちょっと違う感慨もあって、本来の祭の目的である、映画という豊かな文化に触れて、今後の自分の映画作りの課題を見つけるようなゆったりとした時間にしたいなあと思っています」とコメント。

是枝監督の『万引き家族』に出演したリリー・フランキーは「是枝さんの切り取った、見過ごしてしまいそうで、決して見逃してはいけない日常の表裏がカンヌ映画祭に評価されたことを、心から嬉しく思い、また誇りに思います」「この、埃まみれの物語が、華やかなカーペットを歩くことに希望を感じました」と語っているほか、リリーの妻役を演じた安藤サクラは「東京の谷底で黒い粒子にまみれてたあの汚ったない家族がカンヌで赤絨毯とは!かっこいいなぁ。監督、おめでとうございます!万引き家族の行方が楽しみです」とのコメントを寄せている。

また『寝ても覚めても』の濱口竜介監督は「歴史ある映画祭に『寝ても覚めても』が選ばれたこと、とても光栄です。東出さん、唐田さんらの演技を、素晴らしいと思いながら現場で眺めていた身として、それが国際的な舞台へと届いたことを、 心から嬉しく思います」と喜びを語っている。同作には東出昌大が主演し、唐田えりかがヒロイン役を演じている。

なお『カンヌ国際映画祭』のコンペティション部門を巡っては、同映画祭が今年からNetflix作品を出品させない方針をとったことから物議を醸していた

是枝裕和監督のコメント

こんな小さな作品に目を留めて頂いて感謝しています。素直に嬉しいです。
5度目のコンペということで「賞レース」とか「意気込み」とはちょっと違う感慨もあって、本来の祭の目的である、映画という豊かな文化に触れて、今後の自分の映画作りの課題を見つけるようなゆったりとした時間にしたいなあと思っています。

リリー・フランキーのコメント

普遍的な家族の問題と、今世界で同時期に起きている家族にまつわる社会問題。
絆、金、善悪、生と性。是枝さんの切り取った、見過ごしてしまいそうで、決して見逃してはいけない日常の表裏がカンヌ映画祭に評価されたことを、心から嬉しく思い、また誇りに思います。
是枝監督おめでとうございます。この、埃まみれの物語が、華やかなカーペットを歩くことに希望を感じました。

安藤サクラのコメント

憧れのカンヌ国際映画祭!しかもコンペティション部門!凄い!おめでとうございます!
東京の谷底で黒い粒子にまみれてたあの汚ったない家族がカンヌで赤絨毯とは!かっこいいなぁ。監督、おめでとうございます!万引き家族の行方が楽しみです。

濱口竜介監督のコメント

歴史ある映画祭に『寝ても覚めても』が選ばれたこと、とても光栄です。
東出さん、唐田さんらの演技を、素晴らしいと思いながら現場で眺めていた身として、それが国際的な舞台へと届いたことを、 心から嬉しく思います。
今から映画祭の熱気と、多くの観客に出会えることを楽しみにしています!

是枝裕和
是枝裕和
『寝ても覚めても』 ©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINÉMAS
『寝ても覚めても』 ©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINÉMAS
画像を拡大する(3枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察