ニュース

『ゆらぎ ブリジット・ライリーの絵画』展、初期から近作まで31点を展示

ブリジット・ライリー『ここから』1994年 油彩、リネン 156.2x227.3㎝ 個人蔵 ©Bridget Riley 2018, all rights reserved. Courtesy David Zwirner, New York/ London.
ブリジット・ライリー『ここから』1994年 油彩、リネン 156.2x227.3㎝ 個人蔵 ©Bridget Riley 2018, all rights reserved. Courtesy David Zwirner, New York/ London.

展覧会『ゆらぎ ブリジット・ライリーの絵画』が4月14日から千葉・佐倉のDIC川村記念美術館で開催される。

1931年にイギリス・ロンドンで生まれた画家ブリジット・ライリー。1960年代に隆盛した絵画様式の1つで目の錯覚を利用することで画面の幾何学模様が揺らぎ動くような視覚効果をもたらす「オプ・アート」の旗手として知られ、現在も色と形の相互作用を駆使した作品の制作を行なっている。

同展では、1967年に制作された波型のストライプのパターンと色彩を組み合わせた代表作をはじめ、黒と白の幾何学模様のパターンを用いた1960年代の作品、1970年代に多く制作されたストライプ作品、近作であるウォールペインティングなど31点を展示。幅4メートルを超える大作『ラジャスタン』は来日したライリーの助手たちが、展示室に鉛筆とアクリル絵の具で直接描いて完成させた作品で、会期直前に完成し、展覧会の終了と共に姿を消す。ライリーの作品は1990年代から世界的に再評価が高まっており、国内では38年ぶりの個展の開催となる。

会期中には関連イベントとして、埼玉大学准教授・加藤有希子や美術史家・美術批評家の林道郎による講演会をはじめ、担当学芸員によるギャラリートーク、バレエダンサーの首藤康之と中村恩恵によるダンスパフォーマンスなどが行なわれる。詳細は美術館のオフィシャルサイトで確認しよう。

ブリジット・ライリー『正方形の動き』1961年 テンペラ、板 123.2x121.3cm アーツ・カウンシル、ロンドン ©Bridget Riley 2018, all rights reserved. Courtesy Karsten Schubert, London.
ブリジット・ライリー『正方形の動き』1961年 テンペラ、板 123.2x121.3cm アーツ・カウンシル、ロンドン ©Bridget Riley 2018, all rights reserved. Courtesy Karsten Schubert, London.
ブリジット・ライリー『賛歌』1973年 アクリル、カンヴァス 289.5x287.3㎝ 東京国立近代美術館 ©Bridget Riley 2018, all rights reserved. Courtesy David Zwirner, New York/ London.
ブリジット・ライリー『賛歌』1973年 アクリル、カンヴァス 289.5x287.3㎝ 東京国立近代美術館 ©Bridget Riley 2018, all rights reserved. Courtesy David Zwirner, New York/ London.
ブリジット・ライリー『ラジャスタン』2012年 鉛筆、アクリル、壁 228.6x426.7cm 個人蔵 ©Bridget Riley 2018, all rights reserved. Courtesy David Zwirner, New York/ London.
ブリジット・ライリー『ラジャスタン』2012年 鉛筆、アクリル、壁 228.6x426.7cm 個人蔵 ©Bridget Riley 2018, all rights reserved. Courtesy David Zwirner, New York/ London.
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像