古代エジプトの猫崇拝から近代まで 『ねこアート展』にフジタら約150点

展覧会『ねこがいっぱい ねこアート展 エジプトのねこから浮世絵、フジタのねこまで』が6月24日まで広島・ひろしま美術館で開催されている。

同展では、東西における猫の表象の違いや、人々の暮らしの中でみせる猫の様相、愛猫家の作家たちの観察力で捉えられた姿態など、猫の美術の歴史を辿りながらその魅力に迫る。展覧会は「猫の表象~聖なる猫と悪魔の猫」「人の暮らしとともに」「猫百態」「猫七変化」の4章構成となり、古代エジプトの『バステト女神』をはじめ、フランシスコ・デ・ゴヤ、ジャン=フランソワ・ミレー、ピエール・ボナール、レオナール・フジタ、加山又造、歌川国芳、月岡芳年、高橋由一、黒田清輝、熊谷守一らの約150点が展示。会期中は展示替えが行なわれる。

関連イベントとして学芸員が登壇するトークイベントや、『にゃんコンサート』と題したコンサートも実施。館内の喫茶店カフェ・ジャルダンで展覧会にちなんだ限定メニューが提供される。詳細はひろしま美術館のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『ねこがいっぱい ねこアート展 エジプトのねこから浮世絵、フジタのねこまで』

2018年4月21日(土) ~6月24日(日) 前期:4月21日(土)~5月23日(水) 後期:5月24日(木)~6月24日(日) 会場:広島県 広島 ひろしま美術館
時間:9:00 ~17:00(金曜は19:00まで、入館は閉館の30分前まで) 料金:一般1,300円 高大生1,000円 小中学生600円 ※65歳以上は1,100円 ※障がい者と同伴者1名は無料(要障害者手帳)
  • HOME
  • Art/Design
  • 古代エジプトの猫崇拝から近代まで 『ねこアート展』にフジタら約150点

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて