ニュース

チョーヒカル個展『超動物展』 「空想動物」や「絶滅動物」など100点超

チョーヒカル個展『超動物展』キービジュアル
チョーヒカル個展『超動物展』キービジュアル

展覧会『チョーヒカル個展「超動物展」』が5月18日から東京・浅草橋のTODAYS GALLERY STUDIOで開催される。

チョーヒカルは東京出身のアーティスト。2016年に武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科を卒業し、体や物にリアルなペイントを描く作品で注目を集め、サムソン、アムネスティ・インターナショナル、資生堂、東洋紡など企業とのコラボレーションや、国内外での個展など多岐にわたって活動。作品集『SUPER FLASH GIRLS 超閃光ガールズ』や短編集『ストレンジ・ファニー・ラブ』なども発表している。

国内では約1年半ぶりの個展となる『超動物展』では、ポップコーンとカエルがミックスした『ポップコーンガエル』やアザラシとオムライスを掛け合わせた『オムアザラシ』、ピザのような魚『ピザウオ』といった『空想動物』シリーズをはじめ、カンブリア紀から近代に至るまでの絶滅動物を描くシリーズ、ボディペイントで描かれる動物たちなど100点以上の作品を紹介。また、初となる大型立体作品の展示も予定しているという。

会期中にはチョーヒカル本人によるライブペインティングやボディペインティングが実施されるほか、人間を食べ物にした『食似顔絵』シリーズの作品をプレゼントする企画も行なわれる。さらに、来場者先着2000人にはオリジナルのポストカードがプレゼントされる。

展覧会はTODAYS GALLERY STUDIOでの会期終了後、6月15日から愛知・名古屋のTODAYS GALLERY STUDIO NAGOYAを巡回する。詳細は展ギャラリーのオフィシャルサイトで確認しよう。

チョーヒカル作品 ©超動物展 / チョーヒカル
チョーヒカル作品 ©超動物展 / チョーヒカル
チョーヒカル『ピザウオ』 ©超動物展 / チョーヒカル
チョーヒカル『ピザウオ』 ©超動物展 / チョーヒカル
チョーヒカル『ポップコーンガエル』 ©超動物展 / チョーヒカル
チョーヒカル『ポップコーンガエル』 ©超動物展 / チョーヒカル
チョーヒカル作品 ©超動物展 / チョーヒカル
チョーヒカル作品 ©超動物展 / チョーヒカル
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“完熟宣言”

<もしも願いが叶うならば はぐれた仲間の分まで 幸せな未来をちょうだい>。円陣を組んでシャムキャッツの4人が歌っている。大切な人との別れ、当たり前だった日常が失われていくことも横目に、ステップは絶えず前に。無邪気に笑顔を振りまく姿に、大人になるのは哀しくも楽しく、なんてことを思う。(山元)

  1. 香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」 1

    香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」

  2. 星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も 2

    星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も

  3. 小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい 3

    小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

  4. 箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る 4

    箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

  5. 平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』 5

    平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』

  6. なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り 6

    なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

  7. 知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演 7

    知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演

  8. フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅 8

    フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅

  9. 上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開 9

    上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開

  10. 映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る 10

    映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る