ニュース

西田尚美主演の短編ドラマ『青葉家のテーブル』配信 主題歌はサニーデイ

『青葉家のテーブル』メインビジュアル
『青葉家のテーブル』メインビジュアル

短編ドラマ『青葉家のテーブル』の第1話「トモダチのつくりかた」が本日4月27日から「北欧、暮らしの道具店」のYouTubeチャンネルで配信されている。

同ドラマは、クラシコムが運営するECサイト「北欧、暮らしの道具店」が、同店のオリジナルブランド「KURASHI&TripsPUBLISHING」名義で製作したもの。主人公の青葉春子と息子のリク、春子の友人・めいことその恋人ソラオの4人が織りなす同居生活を描いている。

シングルマザーの青葉春子役を西田尚美、友達のいない中学2年生の息子・リク役を寄川歌太、年の離れた友人のめいこ役を久保陽香、めいこの恋人のソラオ役を忍成修吾が演じる。監督と脚本を務めたのは、カネコアヤノやThe Wisely BrothersらのPVを手掛けている松本壮史。主題歌にはサニーデイ・サービスの“甲州街道の十二月”が起用された。

また、エグゼクティブプロデューサーを「北欧、暮らしの道具店」の店長・佐藤友子、美術監督をデザイナーの福田春美(Hamiru)が担当。佐藤はドラマの製作に至った経緯について、「非日常を感じさせてくれる映像作品との出会いを『さがす』側にとどまらず、『つくる』側にチャレンジしてみたい。これまでのモノづくりとはまた異なる手法で、一日の始まりや終わりに触れたいと思ってもらえる非日常を生み出してみたい。『好き』な世界やスタイルを大切な人たちと共有しているような疑似体験ができたり、今の自分と重ねてしまうような真実味のあるフィクションを届けられるようになりたい。『またまたそんな夢みたいなことを』と揶揄されそうなことを、本気で考えるようになりました」と語っている。

同ドラマはパイロット版的な取り組みとしてスタートしたもので、今後数か月に1度のペースで数本のオリジナル短編ドラマを製作予定。詳細は「北欧、暮らしの道具店」のオフィシャルサイトで確認しよう。

『青葉家のテーブル』より
『青葉家のテーブル』より
『青葉家のテーブル』撮影風景
『青葉家のテーブル』撮影風景
『青葉家のテーブル』撮影風景
『青葉家のテーブル』撮影風景
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年