森ビル×チームラボのデジタルアート美術館、開業は6月21日 お台場に誕生

森ビル株式会社とチームラボが共同で運営する「DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」が、6月21日に東京・お台場のパレットタウン内に開業する。

施設面積1万平方メートルの広さを持つ同館は、チームラボのフラッグシップ施設。「Borderless」をコンセプトに、「Borderless World」「チームラボアスレチック 運動の森」「学ぶ!未来の遊園地」「ランプの森」「EN Tea House」の5つの空間で構成される。展示作品は約40点となり、世界初公開作も含まれる。

またエプソンがプロジェクションパートナーとして参画し、館内には約470台のプロジェクターが設置される。チケットの発売は5月下旬からスタート。詳細は同館のオフィシャルサイトで確認しよう。

  • HOME
  • Art,Design
  • 森ビル×チームラボのデジタルアート美術館、開業は6月21日 お台場に誕生

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて