『アサヒカメラ』法律&マナー連載が再始動、初回は「モデル撮影」の約束事

連載記事「写真好きのための法律&マナー」のシーズン2が、5月19日発売の『アサヒカメラ2018年6月号』からスタートする。

3月にムック化もされた「写真好きのための法律&マナー」は、昨年から1年間にわたって『アサヒカメラ』に連載されていたシリーズ記事。シーズン2の第1回は「『モデル撮影』契約準備マニュアル」と題し、モデルと撮影者のトラブル回避法や、撮影時の取り決めについてのアドバイスなどを紹介する。

記事では、撮影会などで活躍するモデルの本音や、モデル撮影を行なうアマチュア写真家の取り組みにクローズアップ。加えて、撮影や写真使用にあたってモデルと撮影者が交わすべき約束事について、弁護士の三平聡史による実践的なアドバイスを収録する。さらに三平弁護士監修によるシート「撮影・写真使用に関する確認書」が付属。このシートは写真家とモデルが、撮影の条件、写真使用の範囲や期間などを確認する際に使うことを想定したもの。

巻頭特集は「カメラの進化と最新機能と写真表現の基礎知識2018」。表紙は荒木経惟の新作『冬の散歩』となる。

書籍情報
  • HOME
  • Art,Design
  • 『アサヒカメラ』法律&マナー連載が再始動、初回は「モデル撮影」の約束事

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて