ニュース

太賀×吉田羊の映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』主題歌はゴスペラーズ

11月に全国で公開される映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の主題歌をゴスペラーズが担当することが明らかになった。

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』は、ブロガー、漫画家、小説家として活動する歌川たいじが自身の母親との関係を綴った同名コミックエッセイの実写映画版。映画では社会人のタイジが友人との出会いをきっかけに自身の壮絶な過去を振り返りながら、何年間も関係を絶っていた母・光子と向き合い、母の愛を取り戻そうとする様を描く。タイジ役に太賀、光子役に吉田羊がキャスティング。

主題歌は映画のために書き下ろした新曲“Seven Seas Journey”。作詞・作曲を手掛けたメンバーの安岡優は、「主題歌には『ララバイ』であり『セレナーデ』である曲が必要でした。愛が受け継がれる歌、愛が捧げられる歌。そのどちらも感じてもらえたら嬉しいです」とコメントを寄せている。同曲は7月4日発売のニューシングル『In This Room』に収録される。

あわせて映画のティザービジュアルも公開。タイジと光子の姿と共に「“大好き”をあきらめない。」というキャッチコピーが写し出されている。

安岡優(ゴスペラーズ)のコメント

この映画には「愛されること」と「愛すること」、その両方が描かれています。主題歌には「ララバイ」であり「セレナーデ」である曲が必要でした。
愛が受け継がれる歌、愛が捧げられる歌。
そのどちらも感じてもらえたら嬉しいです。

ゴスペラーズ『In This Room』収録内容

[CD]
・In This Room
・Seven Seas Journey
[DVD]
特典映像『私がゴスペラーズじゃなかったら ~安岡 優編~』
※DVDは初回限定盤に付属

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』ティザービジュアル ©「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
『母さんがどんなに僕を嫌いでも』ティザービジュアル ©「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
『母さんがどんなに僕を嫌いでも』 ©「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
『母さんがどんなに僕を嫌いでも』 ©「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
ゴスペラーズ
ゴスペラーズ
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年