ニュース

新津由衣の本名名義1stアルバム『Neat'sワンダープラネット』7月発売

新津由衣『Neat’sワンダープラネット』ジャケット
新津由衣『Neat’sワンダープラネット』ジャケット

新津由衣のニューアルバム『Neat'sワンダープラネット』が7月11日にリリースされる。

2003年にシンガーソングライターユニット・RYTHEMでデビューした新津由衣。2011年にソロプロジェクト・Neat'sを始動させ、2012年にアルバム『Wonders』を発表した。

新津にとって本名名義では初のアルバムとなる『Neat'sワンダープラネット』には、プロデュースチームCHRYSANTHEMUM BRIDGEと約3年の制作期間を経て完成させた全11曲を収録。同作は、CHRYSANTHEMUM BRIDGEが今月に立ち上げた新レーベル「SLIDE SUNSET」の第1弾アルバムとなる。

新津由衣のコメント

RYTHEM、Neat's、というそれぞれの活動を経て、今のわたしが全てをまるごと受け入れて放出する、新津由衣としての初作品です。
音楽人生の中で3度も、「1st album」を発売できるなんて、、、なかなか経験できない大きな出来事です。。
1st albumって、どんなときも、蓄積してきたアイデアや閃きや体験や喜びや不安が、一番鮮度の高いままパッケージできる、貴重な作品だと思っています。
自信を持って言えるのは、全身全霊、全力投球で、どこにも手抜きや嘘がないということです。
この作品を作ったことで人間的にもすごく成長できたと実感しています。
「人はみんな違うから、異星人同士みたいなものなんだよ。わかりあえなくて当然。でも、だからわかりあいたくって、どうにか伝えたくて、一緒にいるんじゃないかな。」
このアルバムは、そんなテーマが根底にあります。
色んな考え方、それぞれの違い、多様性も受け入れ合って、自分のことも相手のことも、まるごと信じたいという気持ち。
そうしてカラフルに人生を生きていきたい!!という覚悟に溢れたアルバムになりました。
この想いが伝わったら嬉しいな。

新津由衣
新津由衣
SLIDE SUNSET
SLIDE SUNSET
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生