ニュース

地点×赤々舎、アジア写真家の連続企画展第3弾 韓国出身ベク・スンウ展

ベク・スンウ作品 ©Seung Woo Back
ベク・スンウ作品 ©Seung Woo Back

ベク・スンウの写真展『Volatile Judgement』が本日5月24日から京都・アンダースローで開催されている。

1973年に韓国・テジョンで生まれたベク・スンウは、現在ソウルを拠点に活動する写真家。2005年にイギリス・ミドルセックス大学を修了し、2007年に韓国に帰国した。2016年に韓国の国立現代美術館が主催する『Korea Artist Prize』を受賞。昨年には写真家の川内倫子との共著『Composition No.1』を発表している。

『Volatile Judgement』は、京都の劇団・地点と赤々舎の共催により、東アジアを拠点として国際的に活動している写真家を紹介する連続企画展『About the photographs, About us, Asia』の第3弾。3月の第1弾では台湾出身の李岳凌、4月の第2弾は石川竜一の展覧会を開催した。

関連企画として写真家のキム・テドンと写真家のキム・ジニー、ベク・スンウと写真評論家の竹内万里子、写真家のアン・ジュンと赤々舎の姫野希美がそれぞれ対談するトークイベントを実施。また5月26日にはオープニングパーティーを開催する。詳細は特設サイトを確認しよう。

ベク・スンウ作品 ©Seung Woo Back
ベク・スンウ作品 ©Seung Woo Back
ベク・スンウ作品 ©Seung Woo Back
ベク・スンウ作品 ©Seung Woo Back
ベク・スンウ作品 ©Seung Woo Back
ベク・スンウ作品 ©Seung Woo Back
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら