ニュース

地点×赤々舎、アジア写真家の連続企画展第3弾 韓国出身ベク・スンウ展

ベク・スンウ作品 ©Seung Woo Back
ベク・スンウ作品 ©Seung Woo Back

ベク・スンウの写真展『Volatile Judgement』が本日5月24日から京都・アンダースローで開催されている。

1973年に韓国・テジョンで生まれたベク・スンウは、現在ソウルを拠点に活動する写真家。2005年にイギリス・ミドルセックス大学を修了し、2007年に韓国に帰国した。2016年に韓国の国立現代美術館が主催する『Korea Artist Prize』を受賞。昨年には写真家の川内倫子との共著『Composition No.1』を発表している。

『Volatile Judgement』は、京都の劇団・地点と赤々舎の共催により、東アジアを拠点として国際的に活動している写真家を紹介する連続企画展『About the photographs, About us, Asia』の第3弾。3月の第1弾では台湾出身の李岳凌、4月の第2弾は石川竜一の展覧会を開催した。

関連企画として写真家のキム・テドンと写真家のキム・ジニー、ベク・スンウと写真評論家の竹内万里子、写真家のアン・ジュンと赤々舎の姫野希美がそれぞれ対談するトークイベントを実施。また5月26日にはオープニングパーティーを開催する。詳細は特設サイトを確認しよう。

ベク・スンウ作品 ©Seung Woo Back
ベク・スンウ作品 ©Seung Woo Back
ベク・スンウ作品 ©Seung Woo Back
ベク・スンウ作品 ©Seung Woo Back
ベク・スンウ作品 ©Seung Woo Back
ベク・スンウ作品 ©Seung Woo Back
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 金ローで『IT/イット』1作目が地上波初放送。R15+の「ファミリー映画」 1

    金ローで『IT/イット』1作目が地上波初放送。R15+の「ファミリー映画」

  2. WANIMAが歌う「綺麗じゃなくてもいい」。傷も曝け出して前へ 2

    WANIMAが歌う「綺麗じゃなくてもいい」。傷も曝け出して前へ

  3. 堤幸彦監督×佐藤二朗主演のドラマ『翔べ!工業高校マーチングバンド部』 3

    堤幸彦監督×佐藤二朗主演のドラマ『翔べ!工業高校マーチングバンド部』

  4. 『縄文族 JOMON TRIBE2』展が開催 タトゥーから人類史を読み解く 4

    『縄文族 JOMON TRIBE2』展が開催 タトゥーから人類史を読み解く

  5. 有村架純&浜辺美波が姉妹役、いきものがかり楽曲提供 JA共済の新CM放送 5

    有村架純&浜辺美波が姉妹役、いきものがかり楽曲提供 JA共済の新CM放送

  6. 舞台『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨、我妻善逸、冨岡義勇、珠世らのビジュアル公開 6

    舞台『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨、我妻善逸、冨岡義勇、珠世らのビジュアル公開

  7. 小沢健二が『SONGS』に登場、焼き鳥屋で率直な思いを明かす 7

    小沢健二が『SONGS』に登場、焼き鳥屋で率直な思いを明かす

  8. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 8

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  9. 玉城ティナが制服姿&橋本マナミが見下す表情 映画『地獄少女』場面写真 9

    玉城ティナが制服姿&橋本マナミが見下す表情 映画『地獄少女』場面写真

  10. 大西晃生、たなかかなめ、カワムラシュウイチの展覧会『孤独と連帯』開催 10

    大西晃生、たなかかなめ、カワムラシュウイチの展覧会『孤独と連帯』開催