『坂本龍一映画祭』に『ラストエンペラー』『戦メリ』など6本、各200席限定

上映企画『坂本龍一映画祭』が6月4日から東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで開催される。

昨年公開された坂本龍一のドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』のDVDとBlu-rayが、本日5月25日にリリースされたことを記念して開催される同イベント。坂本龍一が音楽を担当した作品と、坂本の関連作品を上映する。

上映作品は『戦場のメリークリスマス』『シェルタリング・スカイ『ラストエンペラー』『レヴェナント: 蘇えりし者』に加えて、『Ryuichi Sakamoto: CODA』と、ニューヨークで開催された200人限定ライブの模様を映した『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async』の計6本。各作品一夜限りの上映となり、各回200席限定となる。チケット申込はドリパスで受付中だ。

イベント情報

『坂本龍一映画祭』

2018年6月4日(月)~6月13日(水) 会場:東京都 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
上映作品: 『戦場のメリークリスマス』(監督:大島渚) 『シェルタリング・スカイ』(監督:ベルナルド・ベルトルッチ) 『ラストエンペラー』(監督:ベルナルド・ベルトルッチ) 『レヴェナント:蘇えりし者』(監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ) 『Ryuichi Sakamoto: CODA』(監督:スティーブン・ノムラ・シブル) 『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK: async』(監督:スティーブン・ノムラ・シブル) 料金:各回1,500円
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『坂本龍一映画祭』に『ラストエンペラー』『戦メリ』など6本、各200席限定

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて