綾野剛主演『パンク侍、斬られて候』予告編公開 ED曲は感覚ピエロ

映画『パンク侍、斬られて候』の予告編とポスタービジュアルが公開。あわせてエンディングテーマを感覚ピエロが手掛けることが発表された。

ポスタービジュアルには、主人公・掛十之進役の綾野剛、「将軍の格好をした猿」大臼延珍役の永瀬正敏をはじめ、北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、村上淳、若葉竜也、近藤公園、渋川清彦、國村隼、豊川悦司が演じる12人のキャラクターが登場。

予告編では、綾野剛と北川景子が手を取り合う様子や、豊川悦司が綾野剛が突き飛ばす場面などに加え、猿と人間の大合戦シーンの一部が映し出されている。同作には最も多いシーンで、1カットに1億匹の猿と3千人の人間が映り込んでいるとのこと。猿と人間の合戦シーンは、『シン・ゴジラ』の特技統括を務めた尾上克郎特撮監督が手掛けた。

また映像内では感覚ピエロによる書き下ろしのエンディングテーマ“夜のスピード”も使用。同作の脚本を手掛けた宮藤官九郎によるドラマ『ゆとりですがなにか』の主題歌でも知られる感覚ピエロは、「今までには無かったような映像で魅せる、正に文字通り“パンク”なエンターテイメントが生まれようとしている。その事実に胸が躍りました。エンドロールを観る人の心にきしんでいるカオスを、幻想的なサウンドとメロディで包み込むというテーマで黙々と情景を描いていく鍵盤と歌を軸に、余計な音は一切鳴らさずに、あえてバンドサウンドから離れたアプローチで制作しました。『パンク侍』×『感覚ピエロ』の、ジャンルを超越した『パンク』がここに表現されました。是非劇場で、ご自身の目と心で、最後の瞬間まで『パンク侍』そして『夜のスピード』をご堪能ください」とのコメントを寄せている。

6月30日から公開される同作は、町田康の同名小説が原作。自らを「超人的剣客」と称する浪人・掛十之進を主人公に、ある隠密の発令によって始まる「ハッタリ合戦」と1人の女を巡る恋愛模様、猿が語り出すある秘密が描かれる。脚本は宮藤官九郎が担当し、監督を石井岳龍が務めた。主題歌はSex Pistols“Anarchy in the U.K.”。

作品情報

『パンク侍、斬られて候』

2018年6月30日(土)から全国公開
監督:石井岳龍 脚本:宮藤官九郎 原作:町田康『パンク侍、斬られて候』(角川文庫) 主題歌:Sex Pistols“Anarchy in the U.K.” エンディングテーマ:感覚ピエロ“夜のスピード” 出演: 綾野剛 北川景子 東出昌大 染谷将太 浅野忠信 永瀬正敏 村上淳 若葉竜也 近藤公園 渋川清彦 國村隼 豊川悦司 配給:東映
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 綾野剛主演『パンク侍、斬られて候』予告編公開 ED曲は感覚ピエロ

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて