有村架純が涙 塚原あゆ子監督『コーヒーが冷めないうちに』特報&ポスター

映画『コーヒーが冷めないうちに』の特報が公開された。

川口俊和の小説『コーヒーが冷めないうちに』の実写映画版となる同作は、店内のある席に座ると望んだ時間に戻れるという都市伝説のある喫茶店「フニクリフニクラ」を舞台にした作品。映画版では、現代と過去を行き来しながら喫茶店で繰り広げられる4つの奇跡の物語が描かれる。喫茶店「フニクリフニクラ」で働く主人公・時田数役を演じるのは有村架純。監督は、『アンナチュラル』『重版出来!』などのドラマで知られ、同作で映画監督デビューを果たす塚原あゆ子。脚本は『リバース』などで塚原監督とタッグを組んだ奥寺佐渡子が手掛けた。公開は9月21日。

本編映像を使用した特報には、数が女性を前に涙を流すシーンをはじめ、石田ゆり子演じる「謎の女性」の姿、波瑠演じる清川二美子が「戻った!」と喜ぶ場面、吉田羊演じる平井八絵子が手紙に涙する様子、薬師丸ひろ子演じる高竹佳代と、松重豊演じる佳代の夫・房木康徳役が泣きながら笑顔で手を握るシーンなどが映し出されている。特報は、本日6月1日から全国の映画館で順次上映。あわせてポスタービジュアルが公開された。

作品情報

『コーヒーが冷めないうちに』

2018年9月21日(金)から全国東宝系で公開
監督:塚原あゆ子 脚本:奥寺佐渡子 原作:川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』『この嘘がばれないうちに』(サンマーク出版) 出演: 有村架純 健太郎 波瑠 林遣都 深水元基 松本若菜 薬師丸ひろ子 吉田羊 松重豊 石田ゆり子 配給:東宝
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 有村架純が涙 塚原あゆ子監督『コーヒーが冷めないうちに』特報&ポスター

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて