ニュース

燃え殻の初ラジオ『あの小説の中で集まろう。』生放送 尾崎世界観も出演

燃え殻
燃え殻

燃え殻と秀島史香によるラジオ番組『あの小説の中で集まろう。』が6月14日にFm yokohama 84.7で放送される。

2017年に小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』を発表し、現在は『文春オンライン』で人生相談コーナーを担当する作家・燃え殻。同番組は燃え殻にとって初のラジオ番組となり、ナレーターの秀島史香と共にDJを務める。また、当日は尾崎世界観(クリープハイプ)らがゲスト出演する。

番組ではリスナーからの推薦図書に関する投稿を募集中。ハッシュタグ「#あの小説」を添付したツイートのほか、メールでも受け付けている。

燃え殻のコメント

僕にとって深夜ラジオはずっと、直接知らない誰かとの生存確認であり、「ここだけの話さぁ」であり、自分は一人じゃないと思わせてくれる装置でした。同じような装置が中島らもさんの書く小説でした。
自分は一人じゃないと思わせてくれる言葉に満ちていました。
今回、この番組が誰かにとってのそんな場所になればいいなぁと心から思っています。

秀島史香のコメント

時間ごと、体ごと、何か大きなものに押し流されていくように感じる1日があります。
そんな日が終わろうとする最後の時間、ラジオから流れてくる人の声にどれほど救われたことか。そんな特別な時間に、どんな人と集まり、どんな思いを共有できるのか。この番組はその分の余白をたっぷり残して始まります。ちょっと怖いようでもあり、それ以上にワクワクしています。

尾崎世界観(クリープハイプ)
尾崎世界観(クリープハイプ)
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開