ニュース

記録映画『縄文にハマる人々』にいとうせいこう、佐藤卓ら 語りはコムアイ

ドキュメンタリー映画『縄文にハマる人々』が、7月7日から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開される。

同作は、今もなお謎が残された縄文時代に注目。「縄文」に熱中している人々や縄文研究の専門家らへの約5年間にわたる取材を経て制作された。出演者は小林達雄、いとうせいこう、佐藤卓、池上高志ら。

監督は『死なない子供、荒川修作』の山岡信貴。ナレーションにはコムアイ(水曜日のカンパネラ)が担当したほか、エンディングテーマとして、森は生きている“煙夜の夢”が使用されている。

いとうせいこうのコメント

縄文は、ギャル度が普通じゃない!

コムアイ(水曜日のカンパネラ)のコメント

縄文なんて前すぎてよくわからないので、ファンタジーの世界になってるんですね、現代の私たちにとって。
過去に未来を投影することは、人間の不思議な癖ですね。

山岡信貴監督のコメント

縄文に縁も興味もなかった自分が、5年間、100箇所にも及ぶ取材や数千の土器土偶に向き合い続けられたのは、結局、縄文を知れば知るほど人間の可能性の広がりを実感できたことが大きいのだと思いました。
人類としては全く同じ性能を持つ21世紀の私たちと縄文人がこれほど違った文化を作り上げ、それぞれがそれぞれに成立しているのであれば、私たちにも縄文人にも想像できないような、全く違う世界を作り上げるポテンシャルが人間にはあるのだという深い希望を感じます。

『縄文にハマる人々』チラシビジュアル ©2017rtapikcar,inc
『縄文にハマる人々』チラシビジュアル ©2017rtapikcar,inc
『縄文にハマる人々』 ©2017rtapikcar,inc
『縄文にハマる人々』 ©2017rtapikcar,inc
『縄文にハマる人々』 ©2017rtapikcar,inc
『縄文にハマる人々』 ©2017rtapikcar,inc
釈迦堂遺跡博物館蔵
釈迦堂遺跡博物館蔵
三内丸山遺跡
三内丸山遺跡
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開