『Reborn-Art Festival 2019』プレイベント開催 名和晃平作品の再展示も

アートと音楽と食のイベント『TRANSIT! Reborn-Art 2018』が8月4日から宮城・石巻市街地、牡鹿半島エリアで開催される。

同イベントは、2019年夏に行なわれる『Reborn-Art Festival 2019』のプレ企画。アート部門に美術家の名和晃平、食部門にフードディレクターの藤巻一臣が参加する。

牡鹿半島・荻浜エリアでは、入江の白い貝殻ビーチで名和晃平の彫刻作品『White Dee(Oshika)』を再展示。また、「浜のお母さんたち」による食堂「はまさいさい」と、料理人・佐藤剛が中心となって立ち上げられたプロジェクト「OPEN KITCHEN」のレストラン「OPEN KITCHEN in はまさいさい」が交互に営業される。

さらに、荻浜、いしのまきげんき市場などでは土日を中心に食のイベント『Reborn-Art DINING』を開催。音楽部門として最終日の9月2日には中瀬で『リボーンまつり』が催される。

   

 

 

イベント情報

『TRANSIT! Reborn-Art 2018』

2018年8月4日(土)~9月2日(日) 会場:宮城県 石巻市街地、牡鹿半島エリア
  • HOME
  • Art,Design
  • 『Reborn-Art Festival 2019』プレイベント開催 名和晃平作品の再展示も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて