ニュース

三浦春馬&大島優子が初共演 ドストエフスキー原作舞台『罪と罰』来年上演

左から三浦春馬、大島優子
左から三浦春馬、大島優子

舞台『罪と罰』が2019年1月から東京・渋谷のBunkamura シアターコクーンで上演される。

フョードル・ドストエフスキーの長編小説『罪と罰』を原作に、イギリス人演出家のフィリップ・ブリーンが上演台本と演出が手掛ける同公演。ブリーンにとって日本での演出家デビュー作となった2015年の『地獄のオルフェウス』と2017年の『欲望という名の電車』に続き、シアターコクーンプロデュースの公演の演出は3作目となる。

戯曲『罪と罰』はブリーンがロンドン・アカデミー・オブ・ミュージックアンドドラマティック・アートに書き下ろしたものをベースに、日本公演のために再構築。「一つの微細な罪悪は百の善行に償われる」という考えを持つ貧乏青年・ラスコーリニコフが善行のために強欲で狡猾な老婆を殺害するが、殺害現場に偶然に居合わせた老婆の妹まで殺してしまい、罪の意識に苛まれながら、自己犠牲の精神を持つ娼婦・ソーニャとの出会いをきっかけに自首をする、というあらすじだ。

主人公のラスコーリニコフ役に三浦春馬。家族のために娼婦となり、ラスコーリニコフと心を通わすソーニャ役に大島優子、ソーニャの義理の母カテリーナ・イワーノヴナ・マルメラードワ役に麻実れい、ラスコーリニコフを殺人事件の犯人と疑い、心理面から追い詰める捜査官ポルフィーリー・ペトローヴィチ役に勝村政信が名を連ねる。ブリーンと三浦春馬は『地獄のオルフェウス』の出演以来、2度目のタッグとなる。

主演の三浦春馬は、同作の印象について「主人公が理詰めで罪を惨烈なほど正当化していく姿が痛々しく…そして逞しく美しくもあると感じています」と明かしているほか、初共演の大島優子については「大島さんが出演されている作品を観て、繊細かつパワフルな演技をされる方だと思いました。舞台上でどんなやり取りが出来るか、今からとても楽しみです」とコメント。

約3年ぶりの舞台作品となる大島優子は「芝居をすることからしばらく離れていましたが、この作品に、そして、ソーニャへの情熱を傾ける時間に、一意専心したいと思います」と意気込みを語っている。

なお同公演はシアターコクーンによる『DISCOVER WORLD THEATRE』の第5弾。東京公演終了後、来年2月には大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される。

三浦春馬のコメント

フィリップ・ブリーンとの再タッグについて
またフィリップ・ブリーンさんの元で作品に一緒に向き合える事ができてとても嬉しいです。以前ご一緒させていただいた時に、作品が訴えかけたい事や、キャラクターの感情の起伏を密に考え、感じる悦びを教えてくださいました。早く稽古場で一緒に作品をつくっていきたいです。

フィリップ・ブリーン演出の『罪と罰』の現在の印象について
主人公が理詰めで罪を惨烈なほど正当化していく姿が痛々しく…そして逞しく美しくもあると感じています。

初公演となる大島優子の印象
大島さんが出演されている作品を観て、繊細かつパワフルな演技をされる方だと思いました。舞台上でどんなやり取りが出来るか、今からとても楽しみです。

大島優子のコメント

出演が決まったことについての率直な気持ちと意気込み
芝居をすることからしばらく離れていましたが、この作品に、そして、ソーニャへの情熱を傾ける時間に、一意専心したいと思います。

『罪と罰』に対する現在の印象について
自分の物差しでは測ることができない、それぞれの「正義」に関して考えさせられるお話だと思いました。作品の題材になっている時代は貧富の差が激しいのですが、人間が抱いている「正義」はいつの時代も変わらず思索され続けているのだと思いました。

初共演となる三浦春馬の印象
主人公のラスコーリニコフを三浦さんが演じられるのが自然とイメージできました。三浦さんから正義感という、「それ」を感じるからかもしれません。一緒に、舞台の空間を創らせてもらえることが嬉しいですし、とても楽しみにしています。

フィリップ・ブリーンのコメント

本作にかける想いについて
シアターコクーンにて、私が新しく翻案したドストエフスキーの『罪と罰』を初演できることを嬉しく思っています。
東京で作品を創るたびに、この特別な国際的なコラボレーションの可能性を広げてきました。
『罪と罰』は、世界文学の最高峰と言われる作品の1つであり、ラスコーリニコフは最も象徴的な登場人物の1人です。そして、このような作品で、三浦春馬さんともう一度コラボレーションし、この旅路を一緒に歩んでいけることを嬉しく思っています。

三浦春馬の俳優としての魅力
『地獄のオルフェウス』で春馬さんと初めてご一緒した時、素晴らしい俳優としての可能性がわかりました。
そして実際、彼は素晴らしい俳優になり、今回彼が、その類い稀なる感情の幅を持ってこの象徴的な役を演じることをとても嬉しく思っています。
脚本家としても、この役を演じてもらいたいと思う俳優は、世界中どこを探しても彼の他には考えられません。
この戯曲は、7年間まるで心臓の鼓動のように私の中に生き続け、私が大事にしてきた戯曲です。今回この作品を日本の最も素晴らしい若き俳優の1人に託すことを本当に嬉しく、とても楽しみに思っています。

勝村政信
勝村政信
麻実れい
麻実れい
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業