ニュース

池松壮亮が首輪、「クズ彼氏」高杉真宙も 映画『君が君で君だ』新場面写真

『君が君で君だ』 ©2018「君が君で君だ」製作委員会
『君が君で君だ』 ©2018「君が君で君だ」製作委員会

松居大悟監督の新作映画『君が君で君だ』の新たな場面写真が公開された。

7月7日から公開される同作は、自分を捨てて、好きな女性の好きな人になりきり、10年間彼女を見守ってきた3人の男たちの愛と、その結末を描いた作品。尾崎豊になりきる主人公に池松壮亮、ブラッド・ピットや坂本龍馬になりきる男たちに満島真之介、大倉孝二がそれぞれキャスティングされているほか、ヒロイン・ソン役を『息もできない』のキム・コッピ、ソンに借金の肩代わりをさせる恋人・宗太役を高杉真宙、借金取りの星野役をYOU、友枝役を向井理が演じる。

公開された場面写真では、キム・コッピ演じる姫を苦しめる「クズ彼氏」の宗太を、尾崎たちが追い詰める場面や、尾崎と宗太が対峙しているシーン、タバコをくわえた星野や友枝の姿、白いジャケットに首輪を付けた尾崎の様子、壁一面に貼られた自身の隠し撮り写真を背に佇む姫の姿などが確認できる。

あわせて同作のチラシビジュアル裏面と、松居監督のコメントが公開。チラシの裏面には「この映画は観ちゃいけない!」と記されている。

松居大悟監督のコメント

「何も共感できない」「まだそんな事やってるの?」「役者は良かった」
手を噛みちぎりながら、ヘラヘラ笑う。すべてその通りで、それを受け入れることも、論破することもできず、この作品をうまく守る言葉を持っていない。
あなたは人を愛しいと思った時にどうしますか?
ぼくは伝えることができないどころか、伝わらないように見つめ続けることしかできません。太陽だけを見つめ続けるひまわりのように。
逃げたくなるような現実と掃いて捨てるような虚構の果てに、オリジナルで描きたいと思ったのは、愛についてでした。
この作品は、自分にとって最後の意地をみせた作品です。
長年温め続けたため、これを作りたいと信じたあの頃の切実さと今の切実さははるかに遠のいていて、あまりにも純粋で、痛々しくて、クソだ。
これからは、たくさん共感できて既視感のある作品を作りたいなと思います!
だからこの作品を、どうか見てください。よろしくお願いします。


『君が君で君だ』 ©2018「君が君で君だ」製作委員会
『君が君で君だ』 ©2018「君が君で君だ」製作委員会
『君が君で君だ』 ©2018「君が君で君だ」製作委員会
『君が君で君だ』 ©2018「君が君で君だ」製作委員会
『君が君で君だ』 ©2018「君が君で君だ」製作委員会
『君が君で君だ』 ©2018「君が君で君だ」製作委員会
『君が君で君だ』 ©2018「君が君で君だ」製作委員会
『君が君で君だ』 ©2018「君が君で君だ」製作委員会
『君が君で君だ』 ©2018「君が君で君だ」製作委員会
『君が君で君だ』 ©2018「君が君で君だ」製作委員会
画像を拡大する(13枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら