やくしまるえつこが押切蓮介原作アニメ『ハイスコアガール』EDテーマ担当

やくしまるえつこ(相対性理論)がテレビアニメ『ハイスコアガール』のエンディングテーマを担当することが発表された。

7月13日からTOKYO MXほかで放送される『ハイスコアガール』は、『ビッグガンガン』で連載中の押切蓮介の同名漫画をアニメ化したもの。対戦型格闘ゲームブームが巻き起こった1990年代の日本が舞台となり、主人公・矢口ハルオとヒロイン・大野晶のやりとりを軸に物語が展開される。

エンディングテーマは、8月22日にCDおよび7インチアナログでリリースされるニューシングルのタイトル曲“放課後ディストラクション”。演奏にはやくしまるに加え、相対性理論のメンバーでもある永井聖一と山口元輝が参加している。また、ジャケットには原作者の押切蓮介が参加した。

今回の起用は、かねてより「(『ハイスコアガール』のヒロイン)大野さんの心を代弁してくれる歌声をもった人は、やくしまるさんしかいない」と発言していた押切のオファーにより実現した。押切は楽曲について「直々に頼んで本当に大正解でした。他のミュージシャンに託さなくて本当に良かった。彼女の気持ちを超絶キューティカルに詩にしてくれました」とコメントを寄せている。

押切蓮介のコメント

やくしまるさんは大野さんの心の代弁者。若しくはミュージシャンになった大野さんそのものでねぇのか。
直々に頼んで本当に大正解でした。他のミュージシャンに託さなくて本当に良かった。彼女の気持ちを超絶キューティカルに詩にしてくれました。
可愛いシラベに脳ミソをコチョコチョ擽られて最高です。

リリース情報

やくしまるえつこ
『放課後ディストラクション』(CD)

2018年8月22日(水)発売 価格:1,296円(税込) QAMR-99999

Amazonで購入する

リリース情報

やくしまるえつこ
『放課後ディストラクション』(7インチアナログ)

2018年8月22日(水)発売 価格:1,620円(税込) QAMR-99998

Amazonで購入する

番組情報

『ハイスコアガール』

2018年7月13日(金)から毎週金曜24:30~TOKYO MX、24:30~BS11、26:55~MBSで放送
監督:山川吉樹 原作:押切蓮介『ハイスコアガール』(スクウェア・エニックス『ビッグガンガン』) オープニングテーマ:sora tob sakana“New Stranger” エンディングテーマ:やくしまるえつこ“放課後ディストラクション” アニメーション制作:J.C.STAFF 声の出演: 天崎滉平 鈴代紗弓 広瀬ゆうき 興津和幸 山下大輝 御堂ダリア 新井里美 伊藤静 チョー 赤崎千夏 杉田智和 植田佳奈 中村悠一 武虎 大塚芳忠 安元洋貴
  • HOME
  • Music
  • やくしまるえつこが押切蓮介原作アニメ『ハイスコアガール』EDテーマ担当

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて