ニュース

露で上映禁止 ソ連の権力闘争描く狂喜劇『スターリンの葬送狂騒曲』予告編

『スターリンの葬送狂騒曲』 ©2017 MITICO・MAIN JOURNEY・GAUMONT・FRANCE 3 CINEMA・AFPI・PANACHE・PRODUCTIONS・LA CIE CINEMATOGRAPHIQUE・DEATH OF STALIN THE FILM LTD
『スターリンの葬送狂騒曲』 ©2017 MITICO・MAIN JOURNEY・GAUMONT・FRANCE 3 CINEMA・AFPI・PANACHE・PRODUCTIONS・LA CIE CINEMATOGRAPHIQUE・DEATH OF STALIN THE FILM LTD

映画『スターリンの葬送狂騒曲』の予告編が公開された。

1953年のソ連を舞台にした同作は、恐怖政治を行なった独裁者ヨシフ・スターリンの死をきっかけに、最高権力の座を巡って巻き起こる側近たちの争いや混乱を描くブラックコメディー。スターリンの後釜を狙って色めき立つ側近たちが、姑息で熾烈な頭脳戦を繰り広げる、というあらすじだ。過激な内容からロシア政府が上映禁止を命令したという。

第一書記のフルシチョフ役をスティーヴ・ブシェミ、NKVD警備隊最高責任者のベリヤ役をサイモン・ラッセル・ビール、スターリンの補佐を担当したマレンコフ役をジェフリー・タンバー、外務大臣のモロトフ役をマイケル・ペイリン、貿易大臣のミコヤン役をポール・ホワイトハウス、ソビエト軍最高司令官のジューコフ役をジェイソン・アイザックスが演じる。

また、ヨシフ・スターリン役にアドリアン・マクローリン、スターリンの娘のスヴェトラーナ役にアンドレア・ライズブロー、息子のワシーリー役にルパート・フレンド、ピアニストのマリア役にオルガ・キュリレンコ、労働大臣のカガノーヴィチ役にダーモット・クロウリー、国防大臣のブルガーニン役にポール・チャヒディがキャスティング。監督・脚本をドラマシリーズ『Veep/ヴィープ』や映画『In The Loop』などのアーマンド・イアヌッチが手掛けた。

予告編では、ベリヤがスターリンの遺体の耳元で「あばよ! クソジジイ」と囁く姿や、「手を組もう」と提案するフルシチョフにジューコフが「私を舐めるな、裏切りをバラして“粛清”するぞ」と返答するシーン、ワシーリーが「俺はスターリンの息子だ! お前らには屈しない!」と叫ぶ場面、マレンコフの「国民の皆さま、キスしてください。私のケツに」というセリフなどが映し出されている。

『スターリンの葬送狂騒曲』は8月3日から東京・日比谷のTOHOシネマズ シャンテほか全国で順次公開される。

『スターリンの葬送狂騒曲』 ©2017 MITICO・MAIN JOURNEY・GAUMONT・FRANCE 3 CINEMA・AFPI・PANACHE・PRODUCTIONS・LA CIE CINEMATOGRAPHIQUE・DEATH OF STALIN THE FILM LTD
『スターリンの葬送狂騒曲』 ©2017 MITICO・MAIN JOURNEY・GAUMONT・FRANCE 3 CINEMA・AFPI・PANACHE・PRODUCTIONS・LA CIE CINEMATOGRAPHIQUE・DEATH OF STALIN THE FILM LTD
『スターリンの葬送狂騒曲』 ©2017 MITICO・MAIN JOURNEY・GAUMONT・FRANCE 3 CINEMA・AFPI・PANACHE・PRODUCTIONS・LA CIE CINEMATOGRAPHIQUE・DEATH OF STALIN THE FILM LTD
『スターリンの葬送狂騒曲』 ©2017 MITICO・MAIN JOURNEY・GAUMONT・FRANCE 3 CINEMA・AFPI・PANACHE・PRODUCTIONS・LA CIE CINEMATOGRAPHIQUE・DEATH OF STALIN THE FILM LTD
『スターリンの葬送狂騒曲』 ©2017 MITICO・MAIN JOURNEY・GAUMONT・FRANCE 3 CINEMA・AFPI・PANACHE・PRODUCTIONS・LA CIE CINEMATOGRAPHIQUE・DEATH OF STALIN THE FILM LTD
『スターリンの葬送狂騒曲』 ©2017 MITICO・MAIN JOURNEY・GAUMONT・FRANCE 3 CINEMA・AFPI・PANACHE・PRODUCTIONS・LA CIE CINEMATOGRAPHIQUE・DEATH OF STALIN THE FILM LTD
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される