市川海老蔵×先端テクノロジー 『通し狂言 源氏物語』にデジタル演出導入

『「歌舞伎座百三十年 七月大歌舞伎」夜の部「通し狂言 源氏物語」』が7月5日から東京・銀座の歌舞伎座で上演される。

ワントゥーテンが映像演出と制作を手掛け、市川海老蔵が出演する同公演。歌舞伎としては初となる「イマーシブプロジェクション」を採用している。テクノロジーによる演出で21世紀の歌舞伎の新しい型を作り上げ、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、世界へ向けてアピールする取り組みだ。

没入型プロジェクションを意味する「イマーシブプロジェクション」は、役者の身体に取り付けたセンサーによるリアルタイムの動きにあわせた映像演出と、立体的なプロジェクションマッピングを組み合わせたもの。役者の動きにあわせて映像が生成されるため、公演ごとに違った演出となる。

市川海老蔵による『通し狂言 源氏物語』は、歌舞伎や能楽、オペラ、華道を融合させ、光源氏の華やかさと対極にある心の中の闇を表現。今回の公演ではステージ前方の紗幕だけでなく、背景のスクリーン、床面、天井前方などにプロジェクター7台を使い映像を連動させ、「空間絵巻物」として再現する。

チケットは現在販売中。

イベント情報

「歌舞伎座百三十年 七月大歌舞伎」
夜の部『通し狂言 源氏物語』

2018年7月5日(木)~7月29日(日) 会場:東京都 銀座 歌舞伎座 映像:ワントゥーテン 出演:市川海老蔵 料金:1等席18,000円 2等席14,000円 3階A席6,000円 3階B席4,000円 1階桟敷席20,000円
  • HOME
  • Stage
  • 市川海老蔵×先端テクノロジー 『通し狂言 源氏物語』にデジタル演出導入

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて