ニュース

中尾明慶に玉山鉄二がつっこみ ジミー大西&さんま描く『Jimmy』予告編

『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』ビジュアル ©2018YDクリエイション
『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』ビジュアル ©2018YDクリエイション

明石家さんまプロデュースのNetflixドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』の予告編が公開された。

7月20日から配信される同作は、ジミー大西と周囲の仲間たちの実体験をもとにした作品。駆け出しの芸人であったジミーがさんまとの出会いをきっかけにして芸人の才能を開花させ、やがて画家に転身するまでの物語や、ジミーとさんまを取り巻く様々な人物との16年間にわたる交流などを描いている。ジミー役を中尾明慶、さんま役を玉山鉄二が演じる。主題歌はMISIA“最後の夜汽車”。

公開された予告編では、吉本興業に就職したジミーが大失敗の反省を示すため、股間を紐で階段にくくりつけて騒動が起こり、駆けつけたさんまが「お前誰や?」と聞く2人の出会いのシーン、運転する車がなかなか進まず、「渋滞なんですわ」と嘆くジミーと「ちゃうがな!前の車、駐車しとんねんて!」と突っ込むさんまの姿、ジミーが「飲んだ方が早い」と点滴を直接飲もうとして医師に止められる様子、初出演の吉本新喜劇でジミーが放送禁止用語を言ってしまい番組中断の大事故になる場面などが確認できる。

予告編の後半では、佐藤浩市演じるTV局の名物プロデューサーや池脇千鶴演じる大竹しのぶ、生瀬勝久演じるジミーの恩師で野球部顧問の先生に加え、尾上寛之演じる村上ショージや、六角慎司演じるMr.オクレ、宇野祥平演じるさんまの運転手といった「さんまファミリー」が登場。さんまとジミー本人が登場し、「このドラマ、内容はほぼホンマやな」「ホンマです」と確認しあう様子も映し出されている。

『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』キービジュアル ©2018YDクリエイション
『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』キービジュアル ©2018YDクリエイション
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告