ニュース

ぼくのりりっくのぼうよみ新曲“輪廻転生”がドラマ『インベスターZ』ED曲

ぼくのりりっくのぼうよみ『輪廻転生』ジャケット
ぼくのりりっくのぼうよみ『輪廻転生』ジャケット

ぼくのりりっくのぼうよみの新曲“輪廻転生”が、7月13日からテレビ東京ほかで放送されるドラマ『インベスターZ』のエンディングテーマに起用されることがわかった。

テレビ東京の「ドラマ25」枠で放送される同作の原作は、『モーニング』で連載されていた三田紀房の同名漫画。投資をテーマに、金銭についての身近な疑問や結婚、就職の意味までを描いた経済漫画だ。実写ドラマ版では、道塾学園高校の投資部に入部させられる主人公・財前孝史役を清水尋也が演じる。

“輪廻転生”は、ぼくのりりっくのぼうよみにとって昨年に発表した3rdアルバム『Fruits Decaying』以来の新曲。原作のファンだというぼくのりりっくのぼうよみが「主人公財前のハンパなさ」を表現するために書き下ろしたという。同曲について「実写ドラマ化にあたって、知り合いの社長の方なども何人か登場されるようで、そちらも楽しみにしているのですが、僕の中で、この、インベスターZの一番面白いところは、主人公財前君のハンパなさです。この楽曲では、そういった部分を表現してみたつもりです」とコメント。

また主演の清水は「未だに信じられない…。大好きなあのぼくりりさんが主題歌を…。ダメだ、今日は投資の勉強はやめてこの曲に浸ろう。秀逸なメロディライン!全てを見透かしているかのような卓越したワードセンス!そして、聴いている人々を虜にする優しい歌声…!!アァ!早く神代さんに報告しないと!!!」と述べている。

ぼくのりりっくのぼうよみのコメント

インベスターZは原作を読ませていただいていて、凄くファンなので、今回のお話をいただけてとても嬉しかったです。
実写ドラマ化にあたって、知り合いの社長の方なども何人か登場されるようで、そちらも楽しみにしているのですが、僕の中で、この、インベスターZの一番面白いところは、主人公財前君のハンパなさです。
この楽曲では、そういった部分を表現してみたつもりです。
エンディングで流れない部分も財前君の如くぶっとんでるので、是非フルでも聴いてみていただきたいです。

清水尋也のコメント

未だに信じられない…。
大好きなあのぼくりりさんが主題歌を…。
ダメだ、今日は投資の勉強はやめてこの曲に浸ろう。
秀逸なメロディライン!全てを見透かしているかのような卓越したワードセンス!
そして、聴いている人々を虜にする優しい歌声…!!
アァ!早く神代さんに報告しないと!!!

工藤里紗プロデューサーのコメント

「インベスターZ」のドラマ化が決定した時から、エンディングテーマは、ぼくのりりっくのぼうよみさんがいい!と思ってました。
そこで、ドラマ「インベスターZ」用の楽曲の書き下ろしを熱烈にラブコールしました!
投資と聞くと何か「固い、難しい」感じをイメージされがちですが、「お金」の概念も変わってきていますし、このドラマは新時代を担っていく若者に楽しみながら見てもらいたい!という思いから企画しました。
ぼくのりりっくのぼうよみさんの、若さ、敏感に時代を捉える力、そして、何よりも「新しい音楽の打ち出し方を模索したい」という想いは「インベスターZ」のマインドそのもの。
原作もファンとの事で、ネットで拝見した原作者の三田先生との対談記事に「財前と自分を重ねてしまう」とあり勝手に運命を感じました。
楽曲は、様々な読み取りができる繊細な思いやお金の裏にある「人間」が表現されていると感じました。
ダンスカンパニーDAZZLEの飯塚浩一郎さんにも協力して頂き、エンディング映像の演出を担当しました。
コミカルなドラマ部分とは違う、ドキッ!とさせられる財前と投資部メンバーの表情もお楽しみください。

ぼくのりりっくのぼうよみ
ぼくのりりっくのぼうよみ
ドラマ25『インベスターZ』追加キャスト発表ビジュアル ©「インベスターZ」製作委員会
ドラマ25『インベスターZ』追加キャスト発表ビジュアル ©「インベスターZ」製作委員会
ドラマ25『インベスターZ』ロゴ ©「インベスターZ」製作委員会
ドラマ25『インベスターZ』ロゴ ©「インベスターZ」製作委員会
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー