韓英恵、サヘル・ローズらがマイノリティー演じる恋愛映画『西北西』

映画『西北西』が9月から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開される。

同作は、レズビアンのケイ、イスラム教徒のナイマ、バイセクシャルのアイの3人の女性がそれぞれ複雑な感情を抱えながら自身にとっての「西北西」を探求していく様を描いた作品。瀬々敬久監督の最新作『菊とギロチン』などに出演の韓英恵、バラエティー番組や舞台、映画で活動するサヘル・ローズ、乃木坂46版ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』など舞台中心に活動する山内優花が三者三様の生き方を演じる。

メガホンを取ったのは、「緑朗」名義で制作した初の長編作『TAITO』で『第39回ぴあフィルムフェスティバル』審査員特別賞を受賞した中村拓朗。長編2作目となる『西北西』は『釜山国際映画祭』ニューカレンツ部門や『ミュンヘン国際映画祭』に正式出品された。あわせて特報が公開。

同作では、韓英恵とサヘル・ローズが劇中で出会うシーンは、事前の挨拶や顔合わせもなく、2人の役者が実際に初対面の状態で撮影。また恋人役の韓英恵と山内優花にダブルベッドのホテルで1泊のデートをさせるなど、独自の演出手法を用いたという。

作品情報

『西北西』

2018年9月からシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開
監督・脚本:中村拓朗 主題歌:hakobune“Kazahana” 音楽:中里正幸(production orfeu) 出演: 韓英恵 サヘル・ローズ 山内優花 林初寒 松村龍樹 田野聖子 高崎二郎 中吉卓郎 大方斐紗子 上映時間:102分 配給:オンリーハーツ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 韓英恵、サヘル・ローズらがマイノリティー演じる恋愛映画『西北西』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて