ニュース

Bank Band新曲“MESSAGE”が来週配信 いしわたり淳治、蔦谷好位置ら参加

Bank Band with Salyuの新曲“MESSAGE -メッセージ-”が7月13日から配信リリースされる。

小林武史、櫻井和寿を中心に2004年に結成されたBank Band。7月14日から3日間にわたって静岡・掛川のつま恋リゾート 彩の郷で行なわれる『ap bank fes '18』に出演する。

『ap bank fes '05』で初披露された楽曲“to U”の続編とも言える“MESSAGE -メッセージ-”は、作詞を櫻井和寿といしわたり淳治、作曲を小林武史と蔦谷好位置が手掛けている。今回の発表とあわせてリリックビデオが公開された。

また『ap bank fes '18』のタイムテーブルも発表。チケットは7月14日の前日祭券、前日祭こども追加入場券、駐車券、クローク前売券が発売中で、そのほかのチケットは完売している。

小林武史のコメント

「to U」の他に何曲かap bankのためにオリジナル曲を作ってきたけど、今年の曲は「to U」と繋がっていくものにならないかなと思っていた。
例えば色んな事が、違う意見や捉え方まで、ただ反発し合うだけじゃなく、繋がっていたり循環していたり、、そんな曲。
もう一つ、ap bankも設立して15年にもなるので、この楽曲にも音楽というか音楽シーンとのつながりや循環を取り入れたいと思っていたということがある。
(これは櫻井くんも当初から賛成してくれていた)なので僕᷿らも随分若く、最近これからの日本の音楽や音楽の未来について᷿く話している仲間(僕らはMUSIC CIRCLEと呼んでいる)のうちの2人でもある蔦谷好位置くんといしわたり淳治くんに最初のアレンジと作詞の相談をした。(結果、Salyuが歌うパートに彼等が作ったメロディや詞が反映されている)
当初、この曲は僕はもう少しスペーシー?なものになるかな、と想像していたのだが、楽曲制作としては途中からの参加になった櫻井くんの生活者に近い者に近い視点が、だんだん不思議な深度を持つようになっていって、結果なんだか不思議な縁をもったような曲になったと個人的に思っている。
今回、制作過程で僕を含めた何人かのプロデューサーのアイディアが加わっていったので、プロデュース表記をMUSIC CIRCLEとしたのは僕の想いからだが、つながりや循環を大切にして来たap bankの代表である僕としても、音楽の中で世代やジャンルを時には超えながら循環を作っていくということに向かって、この楽曲が小さな波紋の始まりの1つになればさらに良いなと思っている。
勿論、何よりも今年のフェスでBank Bandとして演奏出来ることが最高に楽しみだ。そこでの演奏が来年のリボーンアート・フェスティバルで生まれるであろう無数のメッセージとも繋がっていくと思っている。

櫻井和寿のコメント

「to U」という歌が出来てから、もう13年が経つ。
時間は流れ、僕らを取り巻く環境も、常識も、価値観も、少しづつだけど大きく変わっているように思う。
久しぶりに行われるつま恋開催のap bank fes。
そこに向けた新しい歌は「あれから少しでも 変わってこれたでしょうか?」という言葉ではじまる。
タイトルは「MESSAGE -メッセージ-」。
なんだけど、この曲に僕自身が込めたメッセージはないと言っていい。
暑中見舞いのハガキの片隅に
「P.S. あなたの生活の中のあらゆる場所にメッセージは潜んでいて、だから、ちっぽけに思えちゃいがちなあなたの生活を大事に大事に見つめて下さい。
僕もそうしますね。」
って暑中見舞いのハガキの片隅に書き添えたような、そんな歌です。
ある意味、本当の意味での「to you」と言えるかな(^^)

Bank Band with Salyu『MESSAGE -メッセージ-』ジャケット
Bank Band with Salyu『MESSAGE -メッセージ-』ジャケット
『ap bank fes '18』タイムテーブル
『ap bank fes '18』タイムテーブル
『ap bank fes '18』出演者一覧
『ap bank fes '18』出演者一覧
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー