世界の舞台芸術集う『フェスティバル/トーキョー18』全プログラム発表

『フェスティバル/トーキョー18』の全プログラムが発表された。

2009年から開催されている『フェスティバル/トーキョー』は、国内外のアーティストによる作品を紹介する国際舞台芸術祭。11回目を迎える今回は、10月13日から37日間にわたって東京・池袋の東京芸術劇場、あうるすぽっと、南池袋公園ほかで開催される。

全プログラムは7月11日に行なわれた記者会見で発表。参加するアーティストとカンパニーは、国外から参加する「アジアシリーズ vol.5」と国内から参加する「まちなかパフォーマンスシリーズ」に分類されている。またマレビトの会、イランのナシーム・スレイマンプール、劇作家で演出家の山本卓卓らも参加する。プログラムの詳細は後日発表される。チケットは9月5日から先行割引チケット、9月9日から一般前売りチケットが販売される。

『フェスティバル/トーキョー18』ディレクターの長島確は「フェスティバルの問題だけではなく、世界情勢そのものが、これまでの価値観、進め方が問い直されている時期だと思いますが、まだ新しいスタンダードがみえていない、混迷期ともいえます。しかし、いろんなものを脱ぎ捨て、踏み越えていく、“新しい人”がすでに、現れてきていると考えています。“新しい人”は年齢や世代ではなく、この時代の中で、あらゆる人が、“新しい人”へ向けてどう変わっていくのかが問われている時代です。また、集団創作である舞台芸術は、ひとつひとつの創作のプロセスの中に小さな社会、テスト版の社会が生まれ、それが上演というカタチで現れます。舞台芸術フェスティバルは、小さなトライ、小さな社会がまちなかに現れる、特別な時間となります。今年はF/Tの移行期の最初の大事な年です。ぜひ楽しみにお付き合いください」とコメントした。会見には参加アーティストの中から、松田正隆(マレビトの会)、山本卓卓、ローモールピッチ・リシー、森栄喜、福田毅、坂田ゆかり、稲継美保、田中教順も登壇した。

イベント情報

『フェスティバル/トーキョー18』

2018年10月13日(土)~11月18日(日) 会場:東京都 池袋 あうるすぽっと、東京芸術劇場、南池袋公園ほか
実施プログラム: [アジアシリーズ vol.5 トランス・フィールド] 『MI(X)G』(コンセプト・演出:ピチェ・クランチェン) ショプノ・ドル『30世紀』(脚色・演出:ジャヒド・リポン、原作:バドル・ショルカル) 『ボンプン・イン・トーキョー』(キュレーション:ローモールピッチ・リシー) 『フィールド:プノンペン』 『境界を越えて~アジアシリーズのこれまでとこれから~』 [まちなかパフォーマンスシリーズ] 『A Poet: We See a Rainbow 』(作・演出・出演:森栄喜) 『ラジオ太平洋』(作・演出・出演:福田毅) L PACK.『定吉と金兵衛』(作・演出・出演:L PACK.、原案:落語『茶の湯』より) 『テラ』(仮)(坂田ゆかり×稲継美保×田中教順 原案:三好十郎『水仙と木魚』ほか) マレビトの会『福島を上演する』(作・演出:マレビトの会) ナシーム・スレイマンプール×ブッシュシアター『NASSIM』(ナシーム)(作・出演:ナシーム・スレイマンプール) ドキュントメント『Changes』(チェンジズ)(監督・撮影・編集:山本卓卓) シンポジウム、トークプログラムほか
  • HOME
  • Stage
  • 世界の舞台芸術集う『フェスティバル/トーキョー18』全プログラム発表

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて