ニュース

岡本太郎、山下清、猪熊弦一郎ら100作家超 『巨匠たちのクレパス画展』

『巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―』が、9月9日まで東京・新宿の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催されている。

「クレパス」はクレヨンとパステルをもとにサクラクレパスが開発し、大正14年に商標登録された描画材料。発色がよく混色や塗り重ね、ひっかくなど幅広い表現が可能で油絵具の入手が困難だった第二次世界大戦直後に多くの画家に注目され、様々な作品が描かれた。

同展では、100人超の画家が描いたクレパス画約150点を紹介。展示作品は全て大阪・森ノ宮のサクラアートミュージアム所蔵のものとなる。

出展作家は、足立源一郎、有島生馬、池口史子、石井柏亭、伊藤継郎、井上護、猪熊弦一郎、梅原龍三郎、岡鹿之助、岡本太郎、荻太郎、笠井誠一、加山又造、熊谷守一、小磯良平、小絲源太郎、鴻池朋子、國領經郎、小杉小二郎、佐伯米子、鈴木信太郎、須田国太郎、田崎廣助、田村孝之介、寺内萬治郎、中村研一、難波田龍起、林武、福井江太郎、舟越桂、前田常作、三岸節子、宮永岳彦、宮本三郎、山口薫、山下清、山本鼎、山本文彦、吉原治良、脇田和ら。

会場ではクレパス誕生のエピソードや歴史、商品パッケージ、700色のクレパスなどを紹介するほか、展示室の外にはクレパスを体験できるコーナーを設置。8月12日には清水靖子(サクラアートミュージアム)によるクレパス画教室が行なわれる。参加方法などの詳細は東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館のオフィシャルサイトで確認しよう。

岡本太郎『鳥と太陽』制作年不明 35.6×25.3cm サクラアートミュージアム蔵
岡本太郎『鳥と太陽』制作年不明 35.6×25.3cm サクラアートミュージアム蔵
猪熊弦一郎『顔』1950年 39.3×27.8cm サクラアートミュージアム蔵 ©The MIMOCA Foundation
猪熊弦一郎『顔』1950年 39.3×27.8cm サクラアートミュージアム蔵 ©The MIMOCA Foundation
『巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―』ビジュアル
『巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―』ビジュアル
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー