ニュース

ドラマ『恋のツキ』追加キャストに伊藤沙莉、藤井美菜、江口のりこら7人

左上から時計回りに伊藤沙莉、藤井美菜、池内万作、きたろう、江口のりこ、小倉優香、山田キヌヲ
左上から時計回りに伊藤沙莉、藤井美菜、池内万作、きたろう、江口のりこ、小倉優香、山田キヌヲ

連続ドラマ『恋のツキ』の追加キャストが発表された。

7月26日からテレビ東京、7月31日からBSジャパンで放送、11月30日からNetflixで配信される同作は、新田章の同名漫画が原作。アルバイト先の映画館で男子高校生・伊古ユメアキと出会った31歳の主人公・平ワコが、同棲中の恋人・青井ふうたがいながら16歳下の伊古への気持ちを抑えきれず、ふうたとの結婚と伊古との恋愛の間で揺れ動く様を描く。ワコ役を徳永えり、ふうた役を渡辺大知(黒猫チェルシー)、15歳の伊古役を神尾楓珠が演じるほか、川谷絵音、今泉佑唯(欅坂46)、安藤政信がキャストに名を連ねる。

今回出演が明らかになったのは、映画館イデヲン座でアルバイトをしている水野晴子役の伊藤沙莉、ふうたの大学時代の先輩で良い相談相手の中村リサ役の藤井美菜、リサの夫・リョウタ役の池内万作、結婚しているワコの姉・塚原サチ役の山田キヌヲ、ふうたの職場に新しく入る派遣社員・三村彩役の小倉優香、今後ワコが働く派遣先の同僚・照井役の江口のりこ、映画館イデヲン座の支配人・成瀬惠介役のきたろうの7人。

伊藤沙莉は同作について「様々な状況、環境、人間関係、恋愛問題の狭間を楽しんでいただける作品だと思います。そんな作品に携わることができて、水野晴子として存在させて頂けて、本当に嬉しいです!」とコメント。藤井美菜は「私も先日30歳になり、30代に突入しました。原作の漫画を読んだ時、独身30代のワコという女性の、日々抱えている心もとない思いにすごく共感しました」と明かしている。

伊藤沙莉のコメント

原作を読ませていただいた時、面白すぎて本当に一瞬で読み終わってしまいました。ドラマチックな出来事のはずなのに感情の部分がリアルすぎてキュンキュンしつつ、グサグサ突き刺さる大人な物語だなと思いました。様々な状況、環境、人間関係、恋愛問題の狭間を楽しんでいただける作品だと思います。そんな作品に携わることができて、水野晴子として存在させて頂けて、本当に嬉しいです!

藤井美菜のコメント

私も先日30歳になり、30代に突入しました。原作の漫画を読んだ時、独身30代のワコという女性の、日々抱えている心もとない思いにすごく共感しました。私が演じるリサという女性は、そんなワコの真逆をいく、結婚をし、バリバリ仕事をし、常に計画的に生きている女性です。ワコというちょっとふんわりした女性を、現実的な目で、でも愛情を持って突っつく存在のリサを、「ワコの気持ちもわかるんだよなぁ」という、私個人の気持ちを振り払って、精一杯演じさせていただきます。

池内万作のコメント

こんにちは。リサの夫役・リョウタを演じます、池内万作と申します。
先日、居酒屋で奥さんとふうくんと飲むシーンで撮影初日を迎えました。
夏の撮影は暑くて大変なんですけどね、暖かい雰囲気で現場は進行しておりますよ。
最後まで楽しく頑張りますので、「恋のツキ」よろしくお願いいたします~!

山田キヌヲのコメント

正論をぶつけてくる人、正直、嫌いじゃないです。
そんなお節介な人間がいるからこそ、自分の曖昧さや迷いに気が付き、次のステップに進んでいける気もします。そんなわけで、今回は思いっ切り堂々と正論をぶちかまして、愛すべき妹・ワコを叱咤激励する姉・サチを演じきりたいと思います。

小倉優香のコメント

原作の漫画、夢中で読みました。とても面白かったです。
ドラマ化に参加できること嬉しく思います。私が演じる照井というキャラクターが少しでも、主人公ワコに影響を与えることが出来ればいいなと思っています。

江口のりこのコメント

原作の漫画、夢中で読みました。とても面白かったです。
ドラマ化に参加できること嬉しく思います。私が演じる照井というキャラクターが少しでも、主人公ワコに影響を与えることが出来ればいいなと思っています。

きたろうのコメント

15歳の少年と31歳の女性が、純粋な愛を確かめ合っている感じが切なくて、素敵。
どうやら、私の映画館のスクリーンの裏でも確かめ合っているらしい。
監督陣に、二人の若い女性が加わっていて、今までにないものを作ろうという意欲が見えて、出来上がりが楽しみです。

大和健太郎(テレビ東京)のコメント

本作は31歳女性の日常において、あらゆる社会的ストレスの中で日々葛藤しながらも自分を信じながら生きていく姿を描きたい、というコンセプトから始まりました。日常の様々なシーンをよりリアルに切り取る上で、本当に多くの個性豊かな演技派の俳優陣の方々にご出演頂き、各シーンがより鮮やかに浮かびあがってきました。今回は数多くのチャレンジをしたドラマであり、その1つのチャレンジとして、原作の持つ独特な世界観をより深く表現するためにも、テレビドラマとしては異例のシネスコサイズでの撮影・放送をしています。全体のテーマの1つにもなっている“映画”というワードが醸し出す雰囲気も視聴者の皆様にも感じ取って頂ければと思っています。

『恋のツキ』メインビジュアル ©新田 章/講談社 ©「恋のツキ」製作委員会
『恋のツキ』メインビジュアル ©新田 章/講談社 ©「恋のツキ」製作委員会
『恋のツキ』 ©新田 章/講談社 ©「恋のツキ」製作委員会
『恋のツキ』 ©新田 章/講談社 ©「恋のツキ」製作委員会
『恋のツキ』 ©新田 章/講談社 ©「恋のツキ」製作委員会
『恋のツキ』 ©新田 章/講談社 ©「恋のツキ」製作委員会
『恋のツキ』 ©新田 章/講談社 ©「恋のツキ」製作委員会
『恋のツキ』 ©新田 章/講談社 ©「恋のツキ」製作委員会
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ひかりの歌』特報

「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首のなかから選出された4首を原作とする映画『ひかりの歌』。プラネタリウムの流れ星や、濡れた道を照らす自販機に、人はどんな瞬きを感じとるのだろう。特報の息遣いが胸に貼りついて離れず、映画館の暗闇で同作に出会える春が待ち遠しい。(井戸沼)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に