バスタブで映画を楽しむ上映企画『BATHTUB CINEMA』8月に渋谷の屋上で開催

上映企画『BATHTUB CINEMA』が、8月17日から東京・渋谷のMAGNET by SHIBUYA109 MAG's PARKで開催される。

『泡パ』『Slide the City』『The Lantern Fest』などを企画するアフロマンス率いる「Afro&Co.」による同イベントは、バスタブに浸かりながら映画を楽しむというもの。日本では初開催となる今回は、220インチのスクリーンと12個のポータブルバスタブを配置して日替わり上映を行なう。上映後にはアフターパーティーとしてDJプレイを実施するほか、会場ではドリンクやフードを販売。

8月17日にはジェイク・カスダン監督の『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』、18日にはエドガー・ライト監督の『ベイビー・ドライバー』、19日にはサム・ライミ監督の『スパイダーマン』を上映する。

参加人数は1日約50人。1バスタブにつき4人、体重の合計は315キログラムまでとなっている。バスタブの温度は32度前後とのこと。チケットの販売は7月28日10:00からスタートする。

さらにイベント開催を記念して3組12人を無料招待する企画を実施。応募方法は、twitter、Instagramでアフロマンスのアカウントをフォローのうえハッシュタグ「#バスタブシネマ」を付けて同イベントについて投稿することで完了する。応募締切は7月31日。詳細はBATHTUB CINEMAのオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『BATHTUB CINEMA』

2018年8月17日(金)~8月19日(日) 会場:東京都 渋谷 MAGNET by SHIBUYA109 MAG's PARK
上映作品: 『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(監督:ジェイク・カスダン) 『ベイビー・ドライバー』(監督:エドガー・ライト) 『スパイダーマン』(監督:サム・ライミ) 料金:1バスタブ18,000円
  • HOME
  • Movie/Drama
  • バスタブで映画を楽しむ上映企画『BATHTUB CINEMA』8月に渋谷の屋上で開催

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて