台湾のカルチャー誌『秋刀魚』を発行する黒潮文化がCINRAと資本業務提携

台湾のカルチャー雑誌『秋刀魚』を発行する黒潮文化と、CINRAが資本業務提携をする。

「新しい日本を発見しよう」というコンセプトを掲げる『秋刀魚』は、台湾の視点から日本文化を紹介する雑誌。生活、芸術、デザイン、歴史、科学技術など様々なテーマを取り扱っている。日本では東京・蔵前の台感、東方書店、下北沢の本屋B&B、田原町のReadin'Writin'などで購入可能だ。

今後はCINRAが運営するアジアのシティガイド「HereNow」の台湾でのマーケティング活動を加速させるほか、官公庁や地方自治体の台湾向け訪日促進事業とのシナジー効果を期待している。黒潮文化とCINRAによる取り組みとしては、岩手県が運営するポータルサイト「VISIT IWATE」をCINRAが構築したことと連動して、『秋刀魚』の編集チームが現地を取材。岩手の宮古、久慈、遠野、釜石などを紹介するガイドブックを作成し、『秋刀魚』に同封することで台湾に岩手の情報を届けた。なお資本業務提携に伴い、CINRA代表の杉浦太一が黒潮文化の社外取締役に就任する。

  • HOME
  • Life&Society
  • 台湾のカルチャー誌『秋刀魚』を発行する黒潮文化がCINRAと資本業務提携

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて